百詩篇第10巻15番


原文

Pere duc 1 vieux d'ans 2 & de soif 3 chargé,
Au iour extreme filz desniant 4 les guiere 5
Dedans le puis 6 vif mort viendra plongé,
Senat au fil 7 la 8 mort longue & legiere 9 .

異文

(1) duc : Duc 1611B 1649Ca 1650Le 1656ECL 1665 1668 1672 1772Ri 1840 1981EB
(2) d'ans : dans 1568C 1650Le 1653 1665 1772Ri
(3) soif : soy 1590Ro
(4) desniant : desmant 1611B
(5) les guiere : l'esguiere 1600 1611 1627 1630Ma 1644 1650Ri 1672 1712Guy 1840 1981EB, lesguiere 1591BR 1597 1603Mo 1610 1650Le 1668 1716, l'esquiere 1653 1665, l'Esguiere 1656ECL
(6) puis : puits 1597 1600 1603Mo 1610 1611B 1627 1630Ma 1644 1650Ri 1653 1656ECLa 1665 1712Guy 1840 1981EB, poits 1716
(7) fil : filz 1568I, fils 1656ECL 1672 1712Guy 1716
(8) la : sa 1656ECL
(9) & legiere 1568 1772Ri : & legere T.A.Eds. (sauf : legere 1653)

(注記)1656ECL では2箇所(pp.151, 455)で登場しているが、その最初の方の異文を 1656ECLa とした。

校訂

 2行目 les guiere は l'esguiere (l'aiguiere) の誤り。3行目 puis は puits の綴りの揺れ。

日本語訳

渇きに苦しむ老齢の公爵たる父(は)、
その最期の日に水差し(の提供)を拒む息子(によって)、
生きて井戸に沈められ、死ぬことになるだろう。
老翁は索条に。じわじわと苦しめられる死。

訳について

 校訂の節で触れたように、les guiere は l'esguiere の誤植。これは l'aiguière (18世紀頃まで使われていた水差し)の綴りの揺れである。この点、エドガー・レオニマリニー・ローズピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールらに異論はない。なお、ノストラダムスの遺言書にも(やや変則的な綴りで)登場している。
 4行目 senat は通常ならば「元老院」の意味で、ノストラダムスの他の詩篇でもおおむねその意味のはずだが、ここではラテン語の語源 senatus のさらに語源に遡った senex (老人)の意味で使われているらしい(ラメジャラーやクレベールの推測)。ここではそれに従った。「老翁」という堅苦しい語をあえて使ったのは、通常の「老人」(vieux)とは異なる古典語由来の語であることを少しでも示そうとしたため。
 4行目後半の直訳は「長く軽い死」だが、longue (長い)とlegere (軽い)が並べられているのは少々奇異に感じられる。これについて、クレベールは16世紀の文人モンテーニュの言葉に「もし苦痛が激しければ、それは短い。もし長ければ、それは軽い」(Si la douleur est violente, elle est courte; si elle est longue, elle est legiere)とあることを引き合いに出し、水死が時間をかけて苦しめられる死であることを示している。なお、この言葉はモンテーニュのオリジナルでなく、もとはキケロの言葉である *1 。当「大事典」ではこの見解を採って意訳した。ラメジャラーは a long, mean death *2 と英訳している。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目 「父である公爵はとし老いてつつましく」 *3 は誤訳。「つつましく」はヘンリー・C・ロバーツの英訳 thrifty のほぼ直訳であろうが、原語の chargé de soif (渇きを負わされる、渇望に覆われる)からすれば、ロバーツの英訳自体が不適切だろう。
 2行目「末端において息子は彼をこばみ」も微妙。ロバーツが jour extreme を extremity としていたことから「末端」としたのだろうが、この場合の extreme は人生の端、すなわち最期ということだろう。実際、ラメジャラーは on his last day と英訳しているし、リチャード・シーバースは about to die *4 と英訳している。
 3行目「手おけは井戸に生きつづけ 彼がおぼれるところで」は誤訳。「手おけ」はロバーツの2行目の英訳で(おそらく l'esguiere の訳語として) pail が出ていたことによるものだろうが、2行目で訳さずに3行目に回したことで全く意味不明になってしまっている。
 4行目「上院は息子に死刑を宣言する」はロバーツの英訳のほぼ忠実な転訳ではあるが、英訳自体が誤訳。fil (糸、索条)と fils (息子)は別の語。ロバーツがもとにしたテオフィル・ド・ガランシエールは fil を fils に直していたから「息子」でもおかしくなかったが、ロバーツの場合、それをわざわざ fil に戻しておきながら、訳はガランシエールのものを踏襲したから、おかしなことになっている。大乗訳はそのロバーツを転訳している。また、longue や legere がどうやったら死刑宣告になるのか、根拠が分からない。

 山根訳について。
 4行目 「元老院は息子に 長くて軽い死」 *5 の場合、大乗訳と同じく fil を fils と同一視しているが、こちらの場合、元になったエリカ・チータムの英訳ではきちんとそのあたりの注記がある。ただし、その日本語版である山根訳では何の注記もないので、少なくとも不親切なのは確かだろう。

信奉者側の見解

 1656年の解釈書では、詩の情景をほとんど敷衍したような解釈が、アンリ2世の治世に位置づけられているが、「公爵」が誰なのかは明言されていなかった *6
 テオフィル・ド・ガランシエール(1672年)、バルタザール・ギノー(1712年)も似たようなものだが、彼らは時期については一切触れなかった。1656年の解釈書およびガランシエール、ギノーの解釈では、4行目については、元老院ないし高等法院で有罪を宣告された息子が、修道院などに送られて天寿を全うすることで「長く質素な死」を遂げる、と解釈した *7

 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようだが、それ以降にしても、基本的には全訳本の類でしか解釈されてこなかった詩である。

 ヘンリー・C・ロバーツ(1947年)やエリカ・チータム(1973年)はかなり漠然とした解釈しかつけていなかった *8

 セルジュ・ユタン(1978年)は老元帥ペタンによってフランスの第三共和政が終焉を迎えたことと解釈した *9

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは、フィリップ・ド・コミーヌの『回顧録』に見られる、ゲルデルン公爵家に関するエピソードが元になっていると見なした。同公爵家では1470年代に若きアドルフが父アルノルトを幽閉し、公爵位を簒奪する出来事が起こった。アドルフの手法は他の諸侯の反発を招き、父と和解するように圧力が掛かった際にアドルフは、それを選ぶくらいなら父を井戸に投げ捨て、自分もその後を追うほうがマシだと放言したという *10
 ピーター・ラメジャラーはこの見方を支持し、リチャード・シーバースも疑問符付きでこの説を紹介した。

 公爵家の父と子の対立、(実際に井戸に放り込んだわけではないが)「井戸」に絡むエピソードの存在など、確かにいくらかの類似性が見られる。
 反面、細部には一致しない点も多いので、仮にゲルデルン公爵家がモデルなのだとしても、それに触発されてある程度自由に想像を働かせた結果とでも見なすべきだろうか。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

名前:
コメント: