airain

  airain は青銅のこと。現代フランス語辞典にも(時には古風な語として)そうある。DMF にも Bronze (青銅)とある。 arain はその綴りの揺れ *1
 17世紀初頭の DFE では Brasse と英訳されているが、現代の Oxford-Hachette French Dictionary (4 th ed.) では Bronze と英訳されている。brasse というのはもちろん現代英語の brass (黄銅、真鍮)であるが、『ジーニアス英和大辞典』によれば、英語の bronze は18世紀にフランス語から流入したものであり、それ以前の bronze は brass に含まれていたというから、DFEに brasse とあるからといって、airainが黄銅(真鍮)を意味したと考えるのは早計だろう。

 「青銅」は銅と錫の合金、「黄銅」(真鍮)は銅と亜鉛の合金である。

 なお、少なくとも現代フランス語では、d'airain というと字義通り「青銅の」という意味のほか、「非情な」「堅固な」という意味も持つ。日本語でいう「鉄面皮」に当たるフランス語は front d'airain である *2

 また、日本語の場合、「青銅色」というと字面から緑青などを想起しやすいが、英語やフランス語で青銅の色といえば、それは赤褐色などを指す。オリンピックの「銅メダル」が英語で Bronze medal と呼ばれていることを想起すれば、そのあたりは分かりやすいだろう。


【画像】 ソチオリンピック銅メダル(レプリカ)

ノストラダムス関連

 初期の版本では ærain と綴られることが多いが、古語辞典の類ではこの綴りの揺れは見当たらない。それでも、airainと同じであることには異論がない。airain の語源は俗ラテン語の aeramen なので、aerain という揺れは十分に想定内だろう。実際、マリニー・ローズはラテン語 aeramen から説明している *3
 arain を使用した例もあるが、上掲の通り、それは辞書類でも綴りの揺れとして掲載されている。

 それらの単語について、かつてエドガー・レオニは brass と英訳していたが、エヴリット・ブライラーピーター・ラメジャラーリチャード・シーバースは bronze と英訳している。また、ピエール・ブランダムールジャン=ポール・クレベールの釈義でも bronze とされており、brass とするのは不適切だろう。

 しかしながら、日本では大乗訳でも山根訳でも「真鍮」(一部で「銅」)が使われている。
 大乗訳の場合、元になったヘンリー・C・ロバーツの英訳で brass が使われているせいだろう。ロバーツはテオフィル・ド・ガランシエール訳(1672年)をしばしば安易に引き写しているので、これもそうした事情によると思われる(大乗訳で「銅」となっている百詩篇第5巻19番では copper が使われている)。上述の通り、英語では18世紀まで bronze が存在しなかったので、ガランシエール訳で brass (あるいは brazen)が使われているのは何もおかしくはない。しかし、それを20世紀になってもそのまま brass としてしまうのは問題がある。
 山根訳の場合も元になったエリカ・チータムの英訳で brass が使われていることに影響されたのだろう。チータムはしばしばレオニの英訳や語注を安易に引き写しているので、これもそうした例と考えることができる。レオニがどういう判断で brass と英訳したのかは分からない。しかし、どのような理由であれ、すでに現在では支持できないものといえるだろう。

 なお、「真鍮」(黄銅)はフランス語で laiton という。『予言集』では laiton の使用例はないようだが、彼が口述した遺言補足書には、真鍮を意味すると思われる leton が登場する。

登場箇所

aerain, airain

arain

 なお、このほか百詩篇第2巻15番に登場する erain がしばしば同一視されるが、ピエール・ブランダムールは別の語と判断している。


名前:
コメント: