シエーナ

  シエーナ (Siena, シエナ )は、イタリア、トスカーナ州シエーナ県の県庁所在地である。フランス名はシエンヌ(Sienne)。ローマの北西約230 km、フィレンツェの南方約50 km に位置する。

概要

 エトルリア人が築いた古代都市に由来し、古代ローマ時代の名称はサエナ・ユリア(Saena Julia)であった。

 中世にゲルフ(教皇派)とギベリン(皇帝派)が争った時期には、フィレンツェと争いを繰り広げた。この争いの時期はシエーナの全盛期でもあり、絵画ではシエーナ派が現れた。また、神秘主義の面で特筆すべき2人の聖人、聖女カテリーナ(1347年 - 1380年)と聖ベルナルディーノ(1380年 - 1444年)を輩出した都市でもある。

 カンポ広場を中心に残る美しい中世建造物群は、「シエーナ歴史地区」の名でユネスコ世界遺産リストに登録されている。

 現在はワインの銘柄「キャンティ」でも知られる農産物の集散・加工拠点となっている *1


【画像】 石鍋真澄 『聖母の都市シエナ―中世イタリアの都市国家と美術』

ノストラダムス関連

 『予言集』では Sienne もしくは Siene として、以下の言及例がある。

 このほか、百詩篇第1巻18番に登場する Senoise がシエーナの形容詞形と見なされることが多い。


名前:
コメント: