ニコポリス

  ニコポリス (Nicopolis)は古代ギリシア都市。現在知られているだけでも7つあった *1
 その一つは、ギリシア西部、エペイロス(エピロス)地方の中心だった都市である。都市名は「ニケ(勝利の女神)の町」の意味で、アクティウムの海戦の勝利を記念して、アウグストゥスによって紀元前31年に建設された。近傍にはニコポリス村が残っている *2

 新約聖書に含まれるパウロ書簡『テトスへの手紙』(テトス書)では、パウロはニコポリスで越冬する予定であることをテトスに告げている。このニコポリスが7つ(以上)あったどのニコポリスかは定かではないが、現在ではエペイロスのニコポリスが有力視されている *3 。ほかに、キリキアのニコポリス(シリアのアンティオキア近郊)、トラキアのニコポリス(現ブルガリア国境近く)なども可能性があるという。ことに、トラキアのニコポリスは中世の写本家たちが有力視していたらしい *4
 この叙述から、聖書信仰の立場では、パウロがテトスとともにギリシアで伝道する際の拠点にする意図だったとも推測されている *5 。他方で、リベラル派に拠ればテトス書はパウロの名を借りて別人が作成した擬似パウロ書簡であることを疑われているので、その立場からはパウロ自身の言かどうかが疑われている *6

ノストラダムス関連

 『予言集』ではフランス語式に綴ったニコポル(Nicopolle)が、百詩篇第9巻91番のみに登場している。


名前:
コメント: