マルタ島

  マルタ島 (Malta)は、地中海の島で、現在は周辺のゴゾ島などとマルタ共和国を形成している。ラテン語名は メリタ (Melita)および メリテ (Melite)。フランス語ではマルト(Malte)。面積 246 km 2


【画像】 石川和恵 『地中海の小さな国マルタ島に魅せられて』

概要

 マルタ島の定住の痕跡は紀元前4000年頃まで遡る。紀元前3千年紀に遡る「ハル・サフリエニの地下墳墓」および「マルタの巨石神殿群」はユネスコの世界遺産リストに登録されている。

 1530年にヨハネ騎士修道会(マルタ騎士団)の封土となった。1565年のオスマン帝国によるマルタ大攻囲戦をしのいだ騎士団は、翌年からバレッタを強固な城塞都市に仕立て上げた。その「バレッタ市街」も世界遺産リスト登録物件となっている。
 しかし、1798年にナポレオン・ボナパルトによって騎士団は島を追われ、1814年以降イギリス領となった。
 1964年に独立を果たし、2004年にはヨーロッパ連合に加盟した *1


【画像】 『最新版 週刊世界遺産 マルタ島とキプロス島の遺産』

ノストラダムス関連

 『予言集』では以下の詩篇に登場している。
Malte

Malthe

Melite

 このほか、百詩篇第6巻45番(未作成)に登場する Mellile と百詩篇第9巻98番に登場する Molite は、いずれも Melite の誤記の可能性が指摘されている。

 なお、暦書の方では Melita を何度も使用していることが、ピエール・ブランダムールによって指摘されている。


名前:
コメント: