パンピュリア

  パンピュリア (Pamphylia)は小アジア南部、西をリュキア、東をキリキア、北をピシディアに囲まれた沿岸部を指す古い地名。ピシディアやリュキアは時代によっては、パンピュリアの一部とされたこともある。パンピュリア人は紀元前1世紀には海賊行為で周囲を荒らしたが、ローマに屈し、その属領となった *1
 パンピュリア地方のアンタルヤ(古称アッタリア)は、現代トルコ南岸では最大の港町となっている *2

 『新約聖書』ではパウロの第1回伝道旅行の宣教の地として、パンピュリアのアッタリアとペルゲに言及されている(『使徒言行録』13章13節、14章24・25節)。また、ペルゲはヨハネ・マルコ(『マルコによる福音書』の著者とされる人物)がパウロと別れて帰途に着いた場所としても言及されている *3 (『使徒言行録』13章13節。田川建三はこの別れについて、他の記述と関連付けつつ、パウロとヨハネ・マルコの見解の対立が原因だったと推測している *4 )。新共同訳・フランシスコ会訳・岩波委員会訳では「 パンフィリア 」、口語訳・新改訳・塚本虎二訳では「 パンフリヤ 」、田川訳では「 パンフュリア 」となっている。


【画像】田川建三 『新約聖書 訳と註・第二巻下 - 使徒行伝』

ノストラダムス関連

 ノストラダムスの『予言集』での登場箇所は百詩篇第3巻60番のみで、ミュシアリュキアとひとまとめになっている。

 暦書の方では、リュデア、リュキアとともに登場している箇所がある(百詩篇第3巻60番の解説参照)。


名前:
コメント: