ウェールズ

  ウェールズ (Wales)は英国、グレートブリテン島南西部の地方名。13世紀後半にイングランドに征服され、1536年の統合法によって完全にイングランドに編入された。産業革命以降は炭田地帯として鉱工業が発達し、英国の重工業を支えた。今なお、ケルト系のウェールズ語をはじめ、ウェールズ文化を保っている人々がいる *1 。フランス語ではガル(Galles)という。


【画像】『旅名人ブックス ウェールズ』第3版

ノストラダムス関連

 ノストラダムスが『予言集』を書いた時点で、ウェールズはイングランドの一部だった。『予言集』にはイングランド、スコットランドはしばしば登場するが、ウェールズへの直接的言及があるかどうかの判断は難しい。というのは、ウェールズはフランス語ではガル(Galles) といい、16世紀当時だと(正書法が定まっておらず、綴りに揺れが多かったため) ゴール(ガリア、Gaule) との区別が付けづらいからである。

 とりあえず、百詩篇第3巻53番に登場する Gale という中途半端な単語は、(ガリアと解されることが多いものの)ピエール・ブランダムール高田勇伊藤進リチャード・シーバースの読みでは、ウェールズと理解されている。


名前:
コメント: