ラ・トゥール・デーグ

  ラ・トゥール・デーグ (La Tour d'Aigues)は、プロヴァンス地方の町。リュブロン山のふもと、エーグ地方(Pays d'Aigues)の町のひとつで、町の名前は「エーグの塔」の意味。名前の由来となった塔は10世紀ないし11世紀に建造されたもの。

 1555年から1575年にかけて建造されたルネサンス様式の城が残る。この城には、1579年にカトリーヌ・ド・メディシス一行が滞在したこともある。城の正門はオランジュの凱旋門を模した壮麗なものである。

 現在は陶器博物館やエーグ地方史博物館がある。

ノストラダムス関連

 ノストラダムス本人との接点は確認されていない。百詩篇第12巻52番に言及がある。

参考文献

  • 『ミシュラングリーンガイド・プロヴァンス』実業之日本社、1998年
  • 『地球・街角ガイド プロヴァンス』同朋舎出版、1996年


名前:
コメント: