エヴルー

エヴルー (Evreux)はフランス北西部、ウール県の県庁所在地。

概要

 古くはエブロウィケス人(Eburovices)が住み *1 、古称をキウィタス・エブロウィクム(Civitas Eburoicum) といった *2 。西暦400年ごろにはキウィタス・エブロイコルム(Civitas Ebroicorum)という表記例がある *3

 イトン川(Iton, ウール川支流)に面する交通の要衝であり、中世にはエヴルー伯爵領の中心地となっていたが、それだけに古来、ヴァンダル族、ヴァイキング、イングランド、フランスなどが、侵略のため、あるいは奪還のために攻撃を仕掛け、たびたび戦火に見舞われてきた歴史を持つ。
 戦災で最も有名なものは第二次世界大戦期で、1940年にはドイツ軍により、1944年には連合国軍による空襲を受け大きな被害を被った。

 エヴルーで最も有名なのは中世のノートルダム大聖堂で、イングランド王ヘンリー2世によって12世紀に建造され始め、13世紀にひとまずの完成を見た。ただし、その後も百年戦争の被害の修復などで度々改修を受けており、第二次大戦期の空襲被害のあとにも大規模な修復が行われた *4

ノストラダムス関連

 『予言集』での登場箇所は
の2箇所だけで、いずれもルーアンとセットになっている。何らかの意図があるのか、ただの偶然なのかは登場例が少なすぎてよく分からない。



名前:
コメント: