アンティオキア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  アンティオキア (Antiochia)は古代シリアの都市。現在はトルコ、ハタイ州の州都アンタキヤ。アンティオキアはラテン名で、ギリシア名はアンティオケア(Antiochea)。日本で慣例的に多く使われるラテン名のほうを採用した。

概要

 セレウコス朝シリアの首都として、セレウコス1世が紀元前300年に建設した。オロンティス川河口付近に栄えた商都で、その後、シルク・ロードの執着地の一つなどとして繁栄したが、紀元前64年にローマに滅ぼされ、シリア属州の州都となった。その後も繁栄は変わらず、初期キリスト教の重要な拠点として『新約聖書』にもその名が登場する。同書の使徒行伝(使徒言行録)では、最初の異邦人(非ユダヤ人)キリスト教会が設立された都市とされ、パウロの第1回・第2回伝道旅行の出発点になった。また、マタイによる福音書のように、アンティオキアでの作成を有力視されている文書も『新約聖書』に含まれている。
 しかし、6世紀以降、外敵の侵入や天災によって衰亡した *1

ノストラダムス関連

 『予言集』では百詩篇第1巻74番のみに登場する。


名前:
コメント: