Arton

(名詞)諸説がある。
  • ピエール・ブランダムールはartimon の誤記と見た。ブランダムールはこの語をラテン語 artemon に由来する語として「船の帆」と訳している *1 。なお、『新仏和中辞典』(白水社、1977年)では、artimon の訳として「後檣」(檣=帆柱)の語があてられている。artimon とする読みはピーター・ラメジャラーブリューノ・プテ=ジラールからも支持されている。
  • ジャン=ポール・クレベールは、古代ギリシャの人名アルトンテス(Artontes)と理解した *2
  • マリニー・ローズはフランスの地名と見て、ヨンヌ県のアルトン(Arton)、アンドル県のアルトン(Arthon)、ロワール・アトランティック県のアルトン(現アルトン=アン=レ Arthon-en-Retz)などの可能性を示した *3 。アルトン=アン=レの可能性は、かつてのクレベールも示していた *4
  • エヴリット・ブライラーはギリシャの地名アルタ(Arta)とした *5
  • エドガー・レオニはギリシャ語のartos(パン、麺包)とした *6 。少々強引なようだが、現代フランス俗語にはパンを意味する arton という単語がある *7
  • かつてのラメジャラーは、ギリシャ語 arktos と関連付け、「熊」(=大熊座)と捉え、「北」を意味する語としていた *8

ほかに信奉者側の説として、NATO(北大西洋条約機構)のアナグラムとする説がある *9

登場箇所



名前:
コメント: