ノストラダムスの2019年予言

 ノストラダムスの2019年予言は、いくつかのインターネットメディアで報じられている。しかし、毎年恒例の単なる与太話の域を超えるものではない。

 なお、ノストラダムス本人の予言で2019年と明記された予言は存在しない。

報道の例

  • 「【緊急】2019年ノストラダムスの予言を大公開! 移民押し寄せ日本滅亡、最高気温100度、地震連発、寿命は200歳に…!」(TOCANA, 2018年10月18日
  • "Nostradamus 2019 predictions: World War 3, climate change and asteroid disaster - SHOCK"(Express, 2018年12月5日

 ほかにも英語圏を中心にいくらか見られるが、同工異曲なので省く。
 いずれにしても、それらはノストラダムスの2018年予言でとりあげたものとの重複がほとんどである。
 また、いくらかある新予言はノストラダムス『予言集』の中での適切な出典を挙げておらず、単なる捏造か、2019年と明記されていない予言詩の大幅な曲解かのいずれかだろう。

 改めて論じる必要性を感じられない。

印刷物の例

 『SPA!』2019年1月29日号の2ページの記事「最新[地球滅亡論]の読み方」には、角由紀子と山口敏太郎によるノストラダムス予言の断片的な紹介がある。彼らによれば、2019年向けのノストラダムス予言には以下のものがあるという(以下3項目は、地の文・発言の区別なども、出典のまま引用)*1
  • 「秩序は乱れ世界は混乱。ノストラダムスは’19年にローマ法王の暗殺を予言」(山口氏)
  • ノストラダムスの予言では、’19年に日本に大量難民が押し寄せて日本が滅亡する。「北朝鮮と韓国が統一した後、武装難民が新潟に上陸。南下しながら日本を侵略します」(山口氏)
  • ノストラダムスの大予言では、日本もノアの大洪水レベルの大洪水にあうという。「イタリア、イギリスなどの欧州諸国でも、’19年に大洪水の被害にあうといわれています」(角氏)

 これらが一体何に依拠したものか、一切明記されていない。
 『予言集』には、ローマ教皇暗殺と解釈されてきた予言はいくつもある(第2巻97番およびmansolが出てくる詩など)。
 ヨーロッパの大洪水の予言もいくつもある(イタリアの例として第2巻31番、イギリスの例として第3巻70番など)。
 だが、それらに時期の指定など一切ない

 「日本」「韓国」などは出てこないし、ましてや「新潟」などみじんも出てこない。「太陽」(Soleil / Sol)を日の丸=日本と解釈するなどの例はもちろんあるが、時期の指定がなく、2019年と解釈するのには無理がある。
 ノストラダムスの2018年予言のように、近年のネットメディアには、具体的固有名詞を含むものがあるから、そういったものから持ってきたのかもしれない。だが、当「大事典」で何度も述べている通り、それらのほとんどは根も葉もない捏造である。

過去の解釈例

 占星術的解釈から2019年が挙がった例はなくもない。詩百篇第5巻25番である。その1行目の星位が、2019年8月を指しているというのである。

 手元のホロスコープソフトで確認する限り確かにそうなっているが、そう主張したジョン・ホーグ自身は、あくまでも複数の可能性の一つとして挙げたにすぎず、1987年のイラン・イラク戦争とする解釈を採用していた。

 実証主義的研究の結果からも、2019年8月と見るのが妥当とは思えない。

 なお、2019年の可能性自体は、当「大事典」の5巻25番の記事に以前から掲げてあった。しかし、これを紹介した日本語文献は見当たらなかった。つまり、有名な詩であるにもかかわらず、2019年説はまったく注目されていなかったわけだ。
 ゆえに、この記事で改めてとりあげた結果、鬼の首でも取ったように「2019年8月に第三次世界大戦か」などと騒ぐオカルトライターがいたならば、独自の調査をしないでこのサイトからネタをパクった可能性が高いといえる。この節の投稿は2019年1月17日である。恥も外聞もない三流オカルトライターたちに、ネタをパクられないで済むことを祈りたい。
 この数段落は杞憂に終われば1年後に消す予定である。あえてこういう段落を設置したのは、ノストラダムスの2017年予言を2017年1月9日にアップして、五島勉のダニエル書予言解釈を扱ったところ、1月10日に、TOCANAに五島のダニエル書解釈の記事が載った*2という前例があるからである。もちろん、年初に偶然ネタが被った可能性もあるだろう。しかし、その記事は、五島の『ユダヤ深層予言』以外に一切参考文献を使っておらず、ほぼその主張の丸写しともいえるものだった。つまり、当「大事典」の記事を見て五島の本を思い出し、慌てて引っ張り出して短時間で書き飛ばしたとしても、同じレベルの質の記事は容易に書けたはずなのである(もし、タイミングがほぼ被ったとしても、当「大事典」などに到底真似できないレベルの充実した調査がされていたならば、パクられたなどとは全く思わなかっただろう。なお、当「大事典」の上記2017年予言の記事では、五島の本の丸写しなどせず、聖書学者たちの研究を参考にしながら、きちんと懐疑論を展開している)。
 要するに、不誠実極まりない形で人類滅亡を吹聴する輩に、安易な題材を与えたくはないと、当「大事典」では考えているのである。


名前:
コメント: