百詩篇第8巻38番

原文

Le Roy de Bloys dans Auignon regner
Vne autre foys 1 le peuple emonopolle 2 ,
Dedans le Rosne par murs 3 fera baigner
Iusques à cinq le dernier pres 4 de Nolle 5 .

異文

(1) Vne autre foys : vn autrefois 1572Cr, Vn autre fois 1590Ro, Vue auire fois 1611A, Vne auire fois 1611B, Vne autrefois 1627, Un autrefois 1672
(2) emonopolle : en monopole 1650Le 1668, émenopolle 1653 1665
(3) murs : meurs 1611B 1660
(4) pres : pers 1600 1610 1650Ri 1716
(5) Nolle : Nole 1644 1650Ri 1650Le 1668 1672

日本語訳

ブロワの王がアヴィニョンで君臨する。
今一度、人々は陰謀の中に。
ローヌ川で壁によって水浸しにするだろう、
五まで。最後のものはノルの近くで。

訳について

 2行目について。山根訳「ふたたび民は血にまみれる」 *1 は、emonopolle の解釈によってはありうる訳(ただし近年の通説とは異なる)。大乗訳「ほかのときに人々はつぶやき」 *2 は、ヘンリー・C・ロバーツの英訳(これ自体がテオフィル・ド・ガランシエールの英訳の転用)を直訳したものだが、語源的根拠が不明。

 3行目。動詞 fera が3人称単数のため、それを踏まえて主語を補う方が分かりやすいが、le Roy と le peuple のどちらを受けているのかを特定しかねるので、あえて原文通り主語を省略している。

 4行目について。山根訳「五回まで ノーユに近い最後の者」は、誤訳と言い切れないが不適切ではないか。この場合の le dernier は直前の cinq(5つ)のうちの「最後」と見るべきだろうからだ。その意味で大乗訳や山根訳のように cinq fois(5回)と見なすのは、的外れでないように思える。なお、フランス語で Nolle という綴りを「ノーユ」と読むことはない(Noille という綴りなら「ノイユ」と読むことは可能)。

信奉者側の見解

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、近未来の戦争においてフランス王アンリ5世が君臨し、アヴィニョンを首都とする予言とした *3

 セルジュ・ユタンはヴァロワ家の血を引く未来の大君主の予言ではないかと解釈していたが *4 、ユタンの本の補訂を行ったボードワン・ボンセルジャンはフランス革命の予言と解釈した。彼は le peuple emonopolle を根拠を示さずに「共和政」と解釈し、フランス革命期にアヴィニョンがフランス領となることと共和政になることが見事に予言されているとした *5

同時代的な視点

 詩の概要はある程度理解しやすいものである。フランスの王がアヴィニョン(当時教皇領)を併合しようとすることで、アヴィニョン住民の反発を招き、それが(鎮圧しようとした王によって、もしくは陰謀を企んだ民衆によって引き起こされた)「壁」の細工による人為的な水害に繋がる。その水害は5度にわたり、最後のものはノル(Nolle)という場所にまで被害が及ぶ(または「最後のものは本来安寧に過ごすべきクリスマスの時期に起こる」)。おおよそ以上の通りだろう。

 ジャン=ポール・クレベールは、『ミラビリス・リベル』に収録された聖セゼールの予言との共通性を指摘している *6 。そこでは、ブロワの王が教皇の都市(アヴィニョン)に王座をおくという予言があるからだ。ピーター・ラメジャラーも『ミラビリス・リベル』と関係がある可能性を示している *7

その他

 詩の解釈それ自体よりも、1行目が百詩篇第8巻52番と全く同じ(1行目の訳は文脈を考慮してそれぞれ少し変えているが、原文は全く同じ)ことによって有名な詩である。偽作説を唱えるジャック・アルブロンは、1行目の使い回しに偽作者の杜撰さの表れを見出している *8


名前:
コメント: