Nolle

 意味を特定しきれていない語。
 百詩篇第3巻74番(未作成)に出て来る Nolle は、他の地名との対比から言っても、ナポリ近郊の都市ノーラ(Nola)であることは確実視されている *1
 しかし、百詩篇第8巻38番の Nolle については、以下に見るようにいくつかの説がある(以下の説のうち、ル・ペルチエとローズは第8巻38番に限定しているわけではない)。
  • アナトール・ル・ペルチエは、ラテン語の nolle(欲しない)、ナポリ近郊の都市ノーラ(Nola)、ギリシャ語 naulon(船荷)の3通りの読み方を提示していた *2
  • ジャン=ポール・クレベールは、ナポリ近郊のノーラか、ノーヴ(Noves ; アヴィニョンからもローヌ川からも近い町)の韻を整えるための変形かの2通りの読みを提示していた *3
  • マリニー・ローズは、ナポリ近郊のノーラか、ノラ(Naula)という旧称を持つサヴォワ地方の町ノリ(Noli)の可能性を示していた *4
  • エドガー・レオニは、ウル(Oulle ; アヴィニョンの水際地域)のアナグラム、ノエル(Noël ; クリスマス)の変形とする2つの説を提示していた *5ピーター・ラメジャラーもこの2つの読み方を挙げている *6

登場箇所



名前:
コメント: