seme

 意味を特定できない語。
  • アナトール・ル・ペルチエはロマン語 seme(弱い)か、ギリシャ語sema(旗)の借用とした *1
  • エドガー・レオニは、ル・ペルチエの読みを踏まえつつも、Seine(セーヌ川)の誤記の可能性も示した。この読みは、かつてピーター・ラメジャラーも支持していた *2
  • ラメジャラーは、直前の &(et) とあわせ、et seme を essaim(群れ、群衆)と読んでいる *3
  • ジャック・アルブロンは、ソーミュール(Saumur)が改竄されたものと見ている *4
  • マリニー・ローズは「7の」を意味する setme や sedme の可能性を示しつつも、文脈からはむしろ地名ではないかとし、アンドル=エ=ロワール県のセム(Sepmes)の可能性も示した *5 。なお、sedme の変種としての seme は、DAFにも載っている。
  • ジャン=ポール・クレベールは、動詞 semer(「種などを播く」「撒き散らす」)と関連付けている。確かに、17世紀以降の版には semer となっているものもあるが、クレベール自身、疑わしい読みだと認めている *6 。なお、古語としては「分割する」「衰弱させる」の意味を持つ semer という同じ綴りの語もあった。

登場箇所


関連項目



名前:
コメント: