Boni.

  Boni.百詩篇第8巻52番の途切れた4行目に登場する何らかの固有名詞(おそらく地名)と思われる語。ポワン(ピリオド)の存在は略しているためなのか、文末としての句読点なのか、はっきりしない。

 ジャック・ガリガン版『予言集』(アヴィニョン、1791年)では、Bonieu となっている。アナトール・ル・ペルチエが指摘するように、これはプロヴァンスの都市ボニウ (Bonnieux) と理解できる *1 。しかし、異文の正統性や文脈との整合性から、以下のような可能性も指摘されている。

  • エドガー・レオニは、ポワチエの少し南にあるボンヌ=ヴォー修道院(Bonnes-Vaux)の方が適切としていた *2
  • ジャン=ポール・クレベールはボニファシオ(Bonifacio, コルシカ島の町)やボニウを挙げつつも、文脈からボニ=シュル=ロワール(Bonny-sur-Loire)を推している *3 。マリニー=ローズもボニ=シュル=ロワールを支持している *4 。特に注記はしていないが、現代フランス語訳、英訳の双方で Bonny としているピーター・ラメジャラーも同じ見解なのかもしれない *5



名前:
コメント: