ウェスタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ウェスタ (Vesta)はローマ神話における炉の女神である。ギリシャ神話のヘスティアにあたるが、この2人は同じ語源であるという。

 炉は当時の住居の中心にあったものであり、安定性の象徴であるとともに、文化創出の基盤をなすものとされた。その神格化であるウェスタは、国家安寧を司る重要な女神と位置付けられ、古代には多くの崇拝を受け、国家的な祭礼が行われた *1

天体

 1807年に発見された小惑星第4番にはこの神の名が与えられた。日本では英語読みなどに準じて「ヴェスタ」または「ベスタ」と表記される。条件さえ整えば肉眼で見ることが出来る唯一の小惑星だが、歴史的文脈で考えるなら、ノストラダムスがこの星を知っていたと考えることも、命名の経緯を見通していたと考えることも難しい。

登場箇所


関連項目



名前:
コメント: