Armonique

  Armonique terre という形で百詩篇第4巻95番に登場するが、Armonique というフランス語は存在しない。
 このため、1588年ニコラ・ロフェ未亡人版などに見られる異文を支持し Armorique terre の誤植と捉える立場と、 ピエール・リゴーの版などに見られる異文を支持し Armenique terre の誤植と捉える立場がある。
 前者をとっているのはブリューノ・プテ=ジラールピーター・ラメジャラーであり、アルモリカの土地、つまりブルターニュと理解している。後者を支持しているのは、ジャン=ポール・クレベールであり、アルメニアの土地と理解している。

 以下は当大事典としての勝手な読みだが、仮に原文を最大限尊重すると、Harmonique との発音の一致にも注意されてしかるべきではないだろうか。ノストラダムスは Ister と Hister などのように、h のある綴りとない綴りを混用することがある。harmonique は「調和の」といった一般的な形容詞だが、固有名詞的に捉えるなら、調和の女神ハルモニア(Harmonia)の形容詞化と見ることも出来る。
 ハルモニアはマルスウェヌスの娘で、ギリシャ神話ではテーバイ建国の父カドモスに嫁いだとされている。このことを考えれば、「ハルモニアの土地」はテーバイを指すことになるのではないだろうか。


名前:
コメント: