百詩篇第7巻43番bis

1628年頃に登場した百詩篇第7巻43番

原文

Vn Iuste Roy de trois lis gaignera
Dessus le Pau vne palme nouuelle,
Au mesme temps qu'vn chacun marchera
Sur le clocher de la Saincte Chapelle.

異文

 原文の底本は1628年頃のピエール・デュ・リュオー版である。この詩はその版の中でも特定の伝本にしか載っていない。ほかの版には一切登場しないため、異文が存在しない。

日本語訳

三つの百合の公正なる王は手にするだろう、
ポーの上で新たな棕櫚を。
時同じくして、各自が歩くだろう、
聖なる礼拝堂の鐘楼の上を。

訳について

 3、4行目はより正確に訳すなら、「各自が聖なる礼拝堂の鐘楼の上を歩くであろう時と同時に」であるが、訳を各行に対応させる関係上、上のように訳した。

解説

 この詩は1628年頃のピエール・デュ・リュオー版の一部にしか登場しないため、異文が存在しない。また、ダニエル・ルソが指摘するまで誰も認識していなかったため、本物と見なして解釈する者も出なかった。

 詳細なモチーフはよく分からないが、ロベール・ブナズラピエール・デュ・リュオー(未作成)の政治傾向が読み取れるとしている *1


名前:
コメント: