sacre

  sacre は現代フランス語では「(君主の)戴冠式」、「(カトリックの)叙階式」等の意味。マリニー・ローズはラテン語の sacrum をもとに「祝祭」「祭礼」の意味も導いている(現代語でもこうした意味に用いられることもある)。

 16世紀には形容詞のsacré(神聖な)と同じに用いられることがあった *1

 アナトール・ル・ペルチエはラテン語の sacratus から、文脈によっては「司祭、聖職者」などの意味になることを指摘していた。この指摘は部分的にはマリニー・ローズやジャン=ポール・クレベールによっても支持されている(Rose [2002c], Clébert [2003] p.831)。

 また、当時、アラビア語のçaqr を語源として、猛禽の一種のこともサクル(sacre)と言い、ここからの派生で「悪漢、無頼漢」といった意味もあった *2

登場箇所



コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 生贄、犠牲を意味するsacrifice の短縮形として使用されている可能性がある。 イエス自身が生贄の“神の子羊”だから。 -- とある信奉者 (2012-12-24 10:57:03)

名前:
コメント: