百詩篇第10巻100番

原文

Le grand empire 1 sera par Angleterre 2 ,
Le pempotam 3 des ans plus de trois cens 4 :
Grandes copies 5 passer par mer & terre 6 ,
Les Lusitains n'en seront pas contens 7 .

異文

(1) empire : Empire 1568I 1597 1611 1644 1650Ri 1653 1665 1672
(2) Angleterre : Angletrre 1611B, l'Angleterre 1672
(3) pempotam : Pempotam 1628 1649Ca, Pempotan 1611 1668 1672, penpotan 1627, pempotan 1644 1650Ri 1653
(4) plus de trois cens : de trois cens 1600 1610 1627 1644 1650Ri
(5) copies : coppies 1568A 1590Ro, Copies 1672
(6) mer & terre : Mer & Terre 1672
(7) contens : content 1597

日本語訳

大帝国はイングランドのために、
300年以上のパンポタンとなるだろう。
大軍隊が海と陸を通り過ぎる。
ルシタニア人たちはそのことに満足しないだろう。

訳について

 1、2行目は一般的に「大帝国がイギリスに生まれる」というように訳されるが、前置詞 par からすれば、必ずしも大帝国がイギリスにあると読めるわけではない(実際、エドガー・レオニは for, in, through, by と4つも英訳の候補を挙げている)。ここではレオニがメインで採用した for を直訳した(ピーター・ラメジャラーも for と英訳している)。

信奉者側の見解

 大英帝国の繁栄、特に世界の海を制していたことと解釈されるのが一般的である。この見解はテオフィル・ド・ガランシエールの著書で既に見られる。彼はイギリスが世界の覇権国になると解釈していたが、未来のこととし、起点については何も触れなかった *1チャールズ・ウォードは300年の起点をスペイン無敵艦隊の撃破(1588年)に置いていた *2ジェイムズ・レイヴァーもこの見解を踏襲し、あわせてアレクサンダー・フレイザーの見解として、4行目のルシタニア人を第一次世界大戦時にドイツの潜水艦に沈められた米国客船ルシタニア号とする説も紹介している *3

 アナトール・ル・ペルチエはイギリスがエリザベス(1世)の時代から300年以上制海権を持つが、それが海と陸から撃破され、その時イギリスと同盟を結んでいるであろうポルトガルが不満を持つと解釈した *4

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは、リシャール・ルーサの歴史観が下敷きになっている可能性を示している。ルーサは各惑星が順に354年4ヶ月(未作成)支配するという史観をもとに、1533年頃から「月が支配する時代」に入ったとしていた(これは百詩篇第1巻48番にも反映されている)。この時代は占星術上、神聖ローマ帝国と結び付けられており、330年ほど過ぎたところで、アンテクリストと北からの強大な者の到来が予言されていた。

 当時のヨーロッパ人の認識で「大帝国」といえば、まず何よりも神聖ローマ帝国を思い浮かべたはずだし *5 、「300年以上」という限定の仕方は確かにルーサの354年4ヶ月にも対応している。細部に疑問もあるが、傾聴すべき仮説であろう。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • レイヴァー説のルシタニア号説に同意。無敵艦隊を出したスペインはその当時、神聖ローマ帝国の一部だったし、大一次世界大戦の時、ポルトガルは連合国側について戦ったが、1917年にはクーデターが起こるなど政治不安が顕在化したので、大帝国をその帝国とする意見に同意する。“ルシタニア人たち”は同年に起こったファティマ預言で有名なルシア LUCIAの英語表記の並び替えSAINT LUCY [SI→CY]になる。 -- とある信奉者 (2013-03-29 22:00:28)
  • 英国とポルトガルの結んだ英葡永久同盟(1373年)は世界最古の同盟。かつてはヨーロッパ主導の大航海時代の先駆者だったポルトガルを真似た英国は発展し、後者はそれほどでもなかった。そりゃ、不満を覚えるだろうよ。神聖ローマ帝国のオットー大帝の戴冠から断絶に至る「帝国」期(962年-1254年)は292年間。英国人は神聖ローマ帝国も真似たのだ。 -- とある信奉者 (2013-03-30 08:29:36)

名前:
コメント: