ノストラダムス研究史

 ノストラダムスの研究史について概観する。日本で流行した「1999年人類滅亡」のような通俗的な予言解釈に比べて、歴史学、文学、書誌学といった領域からの研究が後れを取っていたことは否めない。しかし、特に20世紀半ば以降、専門的な研究も着実に蓄積されてきている。以下、ジャンルごとに研究史について概括的に整理する。


 こうした研究史についての研究や紹介は、従来あまり行なわれてこなかった。日本語文献では、『ノストラダムスとルネサンス』(2000年) 所収の高田勇の論文や、田窪勇人の論文 「ノストラダムスの学術研究の動向」(2010年) などはその例外的な成果といえるだろう。


名前:
コメント: