クリニトゥス

  ペトルス・クリニトゥス あるいは ピエトロ・クリニート (Petrus Crinitus / Pietro Crinito, 1465年 - 1507年)はイタリア・ルネサンス期の人文主義者、詩人。本名はピエトロ・リッチョ(Pietro Riccio)である(Crinitusは「髪」を意味する筆名)。

 イタリア・フィレンツェに生まれ、アンジェロ・ポリツィアーノ(未作成)に師事し、ピコ・デラ・ミランドラ(未作成)たちとも交流を持った。自身の詩作などのほか、『ラテン詩人たちの生涯』と題する評伝なども著しているが、これについては正確さの面などから必ずしも芳しい評価を得られていない。ほかに『ラテン語詩について』という作品もまとめている。

 彼は、教え子たちと遊んでいた際に、その一人が戯れで投げた水入りの瓶が頭に当たって絶命したという。

ノストラダムス関連

 主著『栄えある学識について』(De honesta disciplina)は、ノストラダムスの『予言集』の重要な参考文献となった。第一序文(セザールへの手紙)にはそこからの転用がいくつも見られるし、第6巻のラテン語詩も、この文献に掲載されていた詩の改変(一種の本歌取り)である。


名前:
コメント: