予兆詩旧2番

(予兆詩旧2番 1555年に関する冒頭の献辞)

原文

La mer Tyrrhene, l'Ocean par la garde
Du grand Neptun & ses tridens soldars.
Provence seure par la main du grand Tende.
Plus Mars Narbon l'heroiq de Vilars.

日本語訳

ティレニア海と大洋はラ・ガルド、
つまりは偉大なネプトゥヌスと、彼の三叉戟の兵士たちによって、
プロヴァンスは大いなるタンドの手によって、(それぞれ)安泰。
さらに、ナルボ・マルティウスはヴィラールの雄々しさ(によって安泰)。

解説

 百詩篇第2巻59番との類似性はつとに指摘されている。違いは固有名詞が多くなっていることと、その固有名詞、ラ・ガルド(ラ・ガルド男爵)、タンド(プロヴァンス総督のタンド伯クロード・ド・サヴォワ)、ヴィラール(ヴィラール伯オノラ・ド・サヴォワ)の3人を称える意味合いが非常に強くなっていることである *1

 この詩はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの『フランスのヤヌスの第一の顔』(1594年)の中では、「1555年に関する巻頭の献辞」(De L'Epistre liminaire sur L'An 1555)というタイトルで紹介されている。
 しかし、それが収められているはずの『1555年向けの新占筮』の冒頭には、ジョゼフ・ド・パニスにあてられた散文の献辞があるだけである。そして、最終ページまで見たところでこのような詩は見つからない。
 それどころか、シャヴィニーがまとめていた非公刊の手稿『散文予兆集成』(1589年)にすら収められておらず、唐突に1594年に登場したのである。こうしたことから、ベルナール・シュヴィニャールは、シャヴィニーが百詩篇第2巻59番をもとに偽造したと推測している *2

コメント

 シュヴィニャールの推測は確かに文献上の裏づけからすれば、大いに説得力に富んでいる。
 反面、シャヴィニーにこれら三者 (ラ・ガルド男爵は1578年没、タンド伯は1569年没、ヴィラール伯は1580年没と、シャヴィニーがこれを公刊した時点ではいずれも故人となっている) を持ち上げるべき動機があったのかどうかなど、不明瞭な点も残る。

 また、シャヴィニーが『散文予兆集成』に収めていたように、1555年向けの暦書は現存していないバージョンがもう一種類あり、こちらに収められていた可能性もある (もちろん、その場合、なぜ『散文予兆集成』に転記されていないのかという問題が出てくる)。
 さらには、BN ms. Lat. 8592の2番書簡の存在から、ノストラダムスはタンド伯クロード・ド・サヴォワに宛てた献辞を持つ暦書を書き上げていたが、出版されなかったらしいことが伺われ、一説には1554年に刊行されたタンド伯宛の献辞のドイツ語版が、その出版されなかった献辞であるとも言われている。
 さて、この旧2番は、ラ・ガルド男爵への賛辞が目立つが、同時にタンド伯もプロヴァンスに安寧をもたらしている人物として称えられている。だからたとえば、タンド伯宛の献辞を含んだ暦書にそれが収められていたとしても不思議ではない。

 現存する『1555年向けの新占筮』は、パニス宛の献辞を含む占筮に、(書き上げたものの没にされた)タンド伯宛の献辞を含んでいた暦書に載せる予定だった予兆詩を組み込んだものという説もある(これは現存する往復書簡から推測できる)。
 その場合、1555年全般向けの予兆詩が予兆詩第1番とこの旧2番の2つあったことになってしまい、不自然なようでもある。しかし、パニス宛の方にもともと第1番が収録されていた一方、タンド伯宛の方に旧2番と、1月から12月までの予兆詩が収められていたと考えれば、辻褄は合う。
 ノストラダムスにしてみれば、予兆詩が出版されないのは惜しいと考えて、没にされたタンド伯宛の方から予兆詩を取り出してパニス宛の方に組み込んだが、タンド伯宛の献辞を没にせざるをえないのにあわせて、タンド伯を賛美する詩篇も残す意味を失ったので、それだけは再録せずに没にしたということである。

 この仮説の最大の問題点は、その没になった四行詩をシャヴィニーがいつ手に入れたのか、ということであろう。1589年にまとめた手稿で何も触れていないということは、シャヴィニーはその時点でそれを認識していなかったということだ。ならば、いつ、誰から40年近く前に没になった四行詩を入手したのかについて、当「大事典」は説得的な仮説を提示することができない。

外部リンク



名前:
コメント: