エリカ・チータム

  エリカ・チータム (Erika Cheetham, 1939年7月7日-1998年5月3日)は、イギリスのノストラダムス解釈者。結婚前の名前はエリカ・マクマホン=ターナーで、オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジを卒業した。博士号取得後、ロンドン・デイリー・メイルに勤務していた *1

ノストラダムス関連

 本人曰く大学在学中に偶然ノストラダムスに出会ったという。1961年には最初のノストラダムスに関する記事を書いたというが、タイトルなどは分からない。

 確認しうる最初の本は、1973年にネヴィル・スピアマン社から出版された『ノストラダムスの予言集』(The Prophecies of Nostradamus)である。五島勉は1972年に初版が出たと主張しているが、著作権表示などからするかぎりでは確認ができない。フランス語原文と英訳を掲載し、解釈も載せている。英語圏では、テオフィル・ド・ガランシエールヘンリー・C・ロバーツエドガー・レオニに続く、史上4例目の全百詩篇の対訳だったはずである。
 日本では山根和郎訳『ノストラダムス全予言』(二見書房、1988年)として出版されたが、解釈にはかなりのアレンジが加えられている。

 続いて『続ノストラダムスの予言集』(The Further Prophecies of Nostradamus(未作成), 1985)を出版した。前著が全訳形式を取っていたのに対し、今回はピックアップした予言を詳述する形を取っている。日本では白根美保子訳『天翔ける火 包囲されし大王 未曾有の騒乱』(二見書房、1991年)として出版された。 日本語版では湾岸危機(1990年8月)に関する解釈が追加されるなど、独自の加筆が行われているが、原著者自身の加筆なのか、日本語版編集部での加筆なのかは、本のどこにも記載されていない。

 さらに『決定版ノストラダムスの予言集』(The Final Prophecies of Nostradamus, 1989/1990)を出版した。これは処女作と同じ全訳形式だが、そちらが1568年版『予言集』に依拠しつつも原文に独自のアレンジを加えていたのに対し、こちらはオリジナルの原文をほぼ忠実に復刻している。これは未邦訳である。


名前:
コメント: