百詩篇第7巻38番

原文

L'aisné 1 Royal sur coursier voltigeant 2 ,
Picquer viendra, si rudement 3 courir :
Gueulle 4 , lypee 5 , pied 6 dans l'estrein 7 pleigeant 8
Trainé 9 , tiré 10 , horriblement mourir.

異文

(1) L'aisné : Lesné 1590Ro, Laisné 1716, L'Aisné 1672
(2) voltigeant : voltigent 1611B
(3) rudement : durement 1557B
(4) Gueulle : Gueule 1557B 1650Ri 1672 1840
(5) lypee: lyppée 1665 1840, lipée 1605 1628 1650 1668 1672 1716 1772Ri, lepée 1649Ca
(6) pied: pieds 1660
(7) estrein: estrieu 1590Ro 1650Le 1650Ri 1665 1668 1840, Estrein 1672, estre in 1716
(8) pleigeant conj.(BPG) : pleigant 1557U, plegnant 1611B 1660, pleignant T.A.Eds., piegeant conj.(PL)
(9)Trainé: Traîné 1611A, Traine 1672
(10) tiré: tire 1649Ca

王家の長子、駆け回る軍馬の上で
拍車をかけるだろう。非常に荒々しく走り回る。
口と唇。足は保証された鐙に。
引き摺られ、曳かれ、無残に死ぬ。

訳注

 3行目は文脈上おかしいので、「足は保証された鐙に」(pied dans estrein pleigeant)は「足は保証された鐙にはなく」(pied sans estrein pleigeant ; Petey-Girard [2003])、「足は罠の(ように足に挟まった)鐙に」(pied dans estrein piegeant ; Lemesurier [2003])などと読まれる。

信奉者側の解釈

 1656年の注釈書では、1555年5月のアンリ・ド・ナヴァル(2世)の事故死と解釈されているようである *1アナトール・ル・ペルチエは、ルイ・フィリップの長男の事故死(1842年7月)と解釈していた *2

実証的な見解

 エドガー・レオニは、アンリ・ド・ナヴァルの死の記録を見つけられないでいると述べているが *3ピーター・ラメジャラーはそのままアンリの死と解釈している *4