ベルナール・シュヴィニャール

  ベルナール・シュヴィニャール (Bernard Chevignard, 1947年8月2日- )は、フランスの歴史家。ブルゴーニュ大学の教授を務め、主にブルゴーニュの地方史について研究を行っている。

 著書に『ミシェル・サン=ジョン・ド・クレヴクール』 *1 、『ブルゴーニュ地方ボーヌのシュヴィニャール一族』 *2 などがある。また、ブルゴーニュ大学で開催されたシンポジウム『ジェファーソンの時代におけるブルゴーニュの旅行と観光』が単行本になった際には、ミシェル・バリドンとともに取りまとめ役になっている *3

ノストラダムス関係

 『ノストラダムスの予兆集』(Présages de Nostradamus, Seuil, 1999(未作成))を出版した。これはノストラダムスの予兆詩集および1550年分から1559年分までの散文体の予兆に関する唯一の校訂版である。

 また、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーに関する実証的な研究の数々で知られている。その主題に関しては、以下の論文がある。
  • 解放されたピリトウス : 16世紀ブルゴーニュの2人の友、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーとアントワーヌ・フィアンセ(Pirithoüs délivré : Jean-Aimé de Chavigny et Antoine Fiancé, deux amis bourguignons du XVI ème siècle)
    • Ecrivains et artistes de bourgogne, Dijon : Univ. de Bourgogne 所収
  • 1548年にボーヌでアンリ2世を歓待したのは誰か? 実在しなかった市長のためのレクイエム(Qui reçut Henri II à Beaune en 1548 ? : Requiem pour un maire fantôme(未作成)
    • Mémoires de la S. H. A. B., 1993所収
  • ジャン=エメ・ド・シャヴィニー:そのアイデンティティ、家族の出自(Jean-Aimé de Chavigny : son identité, ses origines familiales)
    • BHR, t.58, 1996所収
  • ジャン=エメ・ド・シャヴィニーとアンリ4世、あるいは「言葉で飾り立てられた」アンリ(Jean-Aime de Chavigny et Henri IV ou Henri “l’enrichi par les mots”)
    • Henri IV et la Bourgogne, 1996所収
  • ジャン=エメ・ド・シャヴィニー:伝記的・書誌的素描(Jean-Aimé de Chavigny: esquisse bio-bibliographique(未作成)
    • Mémoires de l'académie des sciences, arts et belles-lettres de Dijon, T.135, 1996, pp.171-200
  • (共著)ノストラダムス家のボーヌ人、1560年-1566年(Un Beaunois chez Nostradamus, 1560-1566)
    • Mémoires de la S. H. A. B., t.78, 1998所収
  • ジャン・ドラとジャン=エメ・ド・シャヴィニー:迷宮での讃歌(Jean Dorat et Jean-Aimé de Chavigny: l'hymne au labirinthe(未作成)
    • Recueil des Travaux (Centre beaunois d'études historiques), T.19, 2001


名前:
コメント: