フィリベール・サラザン

  フィリベール・サラザン (Philibert Sarrasin ou Sarrazin, 16世紀初頭-1573年5月5日)は、フランス生まれの医師。16世紀後半の著名な医師ジャン=アントワーヌ・サラザン(未作成)の父。

 サン=トーバン=アン=シャロレ(未作成)で生まれた。若い頃、パリでプロテスタントの思想に触れ、影響を受けた。その後、ペルピニャン(未作成)で哲学を講じ(同時にこの頃医学博士号を取得したと推測される)、アジャンではジュール・セザール・スカリジェ(未作成)の息子の家庭教師をつとめた。アジャン滞在中にはノストラダムスとも親交があったようだが、プロテスタント傾向のあったサラザンと親しかったことが、ノストラダムスの異端審問召還の理由になったとする説もある。

 1540年代にリヨンに移住し、1547年にノストラダムスがリヨンに立ち寄った際には、強く批判したともされる。1550年にはリヨン市立病院(未作成)の医師となり、1552年にはリヨンで医師としての著作も上梓している。

 ただし、この出版に先立って彼はリヨンを離れており、1551年8月24日にはジュネーヴ市民となっている。後に、ブノワ・ティクシエからジャン・カルヴァン(未作成)の典医の座を引き継ぎ、晩年のカルヴァンの看病に当たった。1567年にプファルツ(未作成)に逗留した際には、選帝侯の典医となったこともあった。


名前:
コメント: