百詩篇第8巻14番


原文

Le grand credit d'or, d'argent 1 l'abondance 2
Fera aueugler 3 par libide 4 l'honneur
Sera cogneu 5 d'adultere l'offence 6 ,
Qui paruiendra à son grand deshonneur 7 .

異文

(1) d'or, d'argent : d'or & d'argent 1568C 1597 1600 1603Mo 1610 1611B 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1716 1772Ri , d'or & d'rgent 1611A
(2) l'abondance : l'abundance 1672
(3) Fera aueugler : Aueuglera 1594JF(p.232) 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le 1668 1672 1840, Fera aueupler 1627
(4) libide : lib de 1665, Libide 1672
(5) Sera cogneu : Cognue sera 1594JF, Cogneu sera 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le 1668 1672, Sera connu 1665 1840
(6) l'offence : lo'ffence 1627, l'offense 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le 1772Ri
(7) deshonneur : des-honneur 1597 1603Mo 1610 1650Ri, des honneur 1627 1716

日本語訳

黄金の大きな信用、潤沢な銀が
情欲によって名誉を盲目にするだろう。
贋造の罪が知られるだろう、
その大きな不名誉に行き着く性質の。

日本語訳について

 1568A, B などの句読点の打ち方を尊重するならば、1行目は上のように訳すのがもっとも妥当である(実際ピーター・ラメジャラーはそう英訳している)。エドガー・レオニは Le grand credit, d'or et d'argent l'abondance となっている原文を採用し、「大きな信用、潤沢な金銀」と訳している。
 大乗訳1行目「クレジットが金銀に代わり豊富になり」 *1 は、明らかに五島勉の訳に影響されているが、不適切。「代わりに」にあたる語が原文になく、解釈から逆算する形で訳を導いているとしか思えない。

 山根訳はおおむね許容されうる訳。なお、その3行目が「姦夫(婦)の罪があからさまになり」となっているのは十分可能な訳。レオニなどもその線で訳しているように、adultere は姦夫や姦婦の意味にも取れる。上では、ラメジャラーやジャン=ポール・クレベールの読み方を踏まえた。

 後半は、文法的には「その大きな不名誉に行き着く贋造の罪が知られるだろう」とすべきだが、各行に対応させるため、若干言葉を補っている。

信奉者側の見解

 五島勉は大量消費社会とクレジットの使用が予言されていたと解釈し、当時、商業用語としてのクレジットなどなかったと主張していた *2

 セルジュ・ユタンは第二帝政の予言としていた *3

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、近未来に起こると想定していた世界大戦前の経済危機の一場面と解釈していた *4

同時代的な視点

 中世以降、ヨーロッパでは遠隔地商業が発達しており、それに伴い信用取引のシステムも発達していた。商業用語としてはともかく、crédit というフランス語は当時存在していたし、「信用」という意味も持っていた(この語は百詩篇第1巻88番(未作成)にも登場している)。ゆえに、crédit という一語をもって、ノストラダムスの突出した予言力の証明などと結論付けることはできない。

 レオニやクレベールは、この詩を価格革命に関連付けている。確かに、金銀があふれかえる様子とその価値の下落という描写は、当時の状況に当てはまっている。
 ラメジャラーはフランス王フランソワ1世が囚われた際の身代金支払いに絡んで、国内の金貨の質が落とされたのではないかという疑惑が当時持ち上がったことと関連付けている *5


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 世界最大のGDPの米国の、ビル・クリントン大統領の“不適切な関係”を予言。 -- とある信奉者 (2012-12-30 01:48:18)

名前:
コメント: