ディアーヌ・ド・ノートルダム

  ディアーヌ・ド・ノートルダム (Diane de Nostredame, 1561年 - 1630年以降)は、ノストラダムスアンヌ・ポンサルドの間に生まれた三女(第六子、末子)。ノストラダムスの子供の中で最後に生まれ、おそらく最後に亡くなった。

 プロヴァンス州サロン・ド・クロー(現サロン=ド=プロヴァンス)に生まれ、1561年9月8日に洗礼を受けた。1564年10月に国王シャルル9世(未作成)と母后カトリーヌ・ド・メディシス(未作成)がサロンの町に立ち寄った際には、他の兄姉とともに、一家で謁見を果たした。ただし、このときのディアーヌはようやく3歳になったばかりだったので、本人の記憶には残らなかったであろう。

 その後の詳しい生涯は不明だが、気難しい性格で独身を貫いたことは分かっている。

 長兄セザールが1630年に作成した遺言書では、セザールの残す物財全ての用益権と200エキュが、当時70歳近かったディアーヌに贈られている *1
 ディアーヌに関する言及はこれが最後であり、以降どの程度生きたのかは不明である。セザールから贈られたはずの財産が最終的にどうなったのかなども当然分からない。


名前:
コメント: