予兆詩第74番

予兆詩第74番 1561年11月について

原文

Par le retour du voyage Barbare
Exalteront la protestante entrée.
Le stratageme simulte sera rare.
La mort en voye, rebelle par contrée. *1

異文

 初出である『1561年向けの暦』は断片が現存しているが、この詩が載っていたページは現存しておらず、比較できない。また、後の『予言集』にも引き継がれなかったため、異文が存在しない。

 ただし、百詩篇第7巻82番としての異文ならごくわずかに存在している。それについては該当記事を参照のこと。

日本語訳

バルバロイの旅からの帰還により
彼らはプロテスタントが入ることを褒め称えるだろう。
憎しみの謀略は稀だろう。
途上での死、地方での反逆者。

コメント

 予兆詩としてのこの詩はあまり知られていなかったため、信奉者側も実証的な側もほとんど注記していない。百詩篇第7巻82番としても、あまり注目されていたとはいえない。

 なお、そちらの注記でエドガー・レオニが指摘していたように、ノストラダムスはプロテスタントをほのめかす表現を何度も使ってはいるが、「プロテスタント」という直接的な表現を使うことは極めて珍しい。
 しかし、この場合はあまり宗教的色彩が強くないため、プロテスタントの本来の意味である「抵抗する者」の意味で使われている可能性も想定すべきだろう。


名前:
コメント: