ゲーテのパスツール・ショック

 「 ゲーテのパスツール・ショック 」は、五島勉が『ノストラダムスの大予言』で紹介しているエピソードである。年代的に全く整合しないため、史実を含まない単なる創作と考えられる。

概要

 五島によると、パスツールが20代のとき、ワイマール公国の宰相を務めていたゲーテと親交があり、ゲーテはパスツールの研究成果を衛生政策に取り入れていた。そんなある日、執務室で『予言集』を読んでいたゲーテは、百詩篇第1巻25番にパスツールの名が予言されているのに気づいて、驚愕のあまり叫びながら椅子から転げ落ちたという。五島はこの出来事を19世紀初頭のことと紹介している。
 このエピソードは、スチュワート・ロッブら海外の研究者が紹介しているものだという *1

コメント

 このエピソードが発表されてまもなく、高木彬光が年代の不整合を指摘した。ゲーテは1832年歿、パスツールは1822年生まれで、ゲーテが死んだ時点ですら、パスツールは10歳でしかないというわけだ *2

 五島はもともと「ゲーテのパスツール・ショック」を紹介した際に、「こまかい年代を追及していくと多少の疑問が出てくる」 *3 と注記していたが、よりあとの改訂版では高木の批判を意識したのか、さらに「当時、ルイ・パスツールはまだ子どもで」という文言を加えている *4 。五島の改訂については、公刊された文献では志水一夫が最初に指摘していた *5

 なお、五島の主張とは裏腹に、ロッブの関連書にはこんなエピソードは出てこない。


名前:
コメント: