予兆詩第65番

予兆詩第65番 1561年2月について

原文

Pris 1 & captif, n'arrester 2 les prez triples:
Plus parfond mis, elevé 3 , mis au trosne.
Renfort de siege, manubis & maniples.
Changer 4 le sacre & pace sus le prosne. *1

異文

(1) Pris : Prins 1561LN
(2) n'arrester : n'arresté 1561LN
(3) eleve : esleué 1561LN
(4) Changer : Changez 1561LN

(注記)1561LN は初出である『1561年向けの暦』を指す。この文献は断片が現存しており、この詩については断片的に比較が可能である。伝統的な予兆詩集には含まれていなかったが、百詩篇第7巻73番としての異文ならある。

日本語訳

取られた物や囚われた者を、三倍の賠償金が止めない。
より深きへ置かれ、持ち上げられ、高座に就けられる。
攻囲の援軍、戦利品と歩兵中隊。
司祭が変わり、日曜説教に関しては平和であろう。

訳について

 1行目 prez は直訳ならば「貸付」の方が良いだろうが、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーマリニー・ローズの読み方に従い「賠償金」と訳した。
 4行目は pace の意味が不確かなので、他の訳し方もありえるだろう。

コメント

 この詩は『1561年向けの暦』に載ってはいたが、以降の『予言集』などには採録されることはなく、解釈もされてこなかった。ただし、行の順序を組み替えた上で、いくつかの単語を書き換えた(単なる誤植の可能性もある)バージョンが、百詩篇第7巻73番として通用している。そちらの詩としての解釈はあるが、それについてはその記事を参照のこと。

 マリニー・ローズは1行目について「人々は囚人を生み出すのをやめない。というのは代金(賠償金)が3倍だから」 *2 と読み替えている。
 全体的に戦いや捕虜、補償などの話が語られていることは分かるが、あいまいな要素が多い。なお、2行目の高座は、宗教的には高位聖職者の地位だが、世俗的には王座を指す。


名前:
コメント: