中村惠一

  中村惠一 (なかむら けいいち、1938年-)は、東京都出身の社会心理学者。早稲田大学第一文学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。白梅短期大学講師、一橋大学助教授を経て、一橋大学社会学部教授になる。

 社会心理学者としての論文には、「四位相社会変動論」(『早稲田大学心理学年報』第13号、1981年)、「心理学の現状と未来」(『一橋論叢』第93巻第4号、1984年)などがある。

 1991年に定年を待たずに一橋大学教授を自主退官。

ノストラダムス関連

 以下の2冊のノストラダムス関連書を出版した。

 また、一橋大学の社会心理学の講義内で、信奉者的な立場からのノストラダムス予言解釈なども行っていた様である *1 。1991年に自主退官したのも、ノストラダムス予言に自分の退官時期が予言されていた結果に従ったものだと述べていた *2


名前:
コメント: