Petit discours ou Commentaire sur les Centuries

 『 1555年に出版されたミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集に関する小論あるいは注釈 』(Petit discours ou Commentaire sur les Centuries de Maistre Michel Nostradamus, imprimées en l'année 1555.)は、1620年に出版された著者不明の解釈書。

内容

 『予言集』から採録された四行詩に解釈をつける形式で、40篇余りの解釈が展開されている。

 フランス国立図書館(未作成)に2冊、マザラン図書館(未作成)ナント市立図書館(未作成)に各1冊ずつ現存しているが、フランス国立図書館のものは、29ページのものと31ページのものとがある。これは、最後に「帝国について」(De l'Empire)という補遺があるかないかの違いによる。

コメント

 比較的早い段階の、ある程度まとまった解釈という点では、当時の解釈の一例を知る上で貴重といえるかもしれない。

 むしろ重要なのは、百詩篇第7巻までの解釈を含んでいるにもかかわらず、それが「1555年に出版された」と主張している点だろう。これはアヴィニョン版の実在性を検討する上で、見逃せない証言である。
 もっとも、当「大事典」で原文を比較検討している範囲では、1589年ルーアン版などを基にしているようにも思え、1555年にまで遡る原文とは考えづらい。

外部リンク

この文献は Gallicaで公開されている。


名前:
コメント: