Phebés

 ピエール・ブランダムールは Phebés を Phebe と校訂し、現代フランス語の Phébé(フェベ)と理解している。「フェベ」はギリシャ語の「ポイベー」のことで、月の女神アルテミスの異称のひとつである。つまり、「月」を意味する詩的表現と考えられる。
 これについてはピーター・ラメジャラーリチャード・スモーレー(未作成)が支持している Phébus(フェビュース)にひきつける読み方もある。「フェビュース」はギリシャ語の「ポイボス」のことで、太陽神アポロの異称のひとつである。こちらの場合、「太陽」を意味する詩的表現ということになるだろう。
 どちらも一般的には「輝き」を語源とすると考えられており(ただし、否定的な見解もある *1 )、綴りが紛らわしい。

 ノストラダムス自身の綴りが折衷的なだけに、どちらと特定するのは難しいのかもしれない。

登場箇所



名前:
コメント: