未来の事件の有名な予言

 このページは、信奉者の間で、未来に起こる出来事の予言として解釈されることが多かった予言の索引である。有名な予言の断片を知っていても、それが何巻の何番なのか思い出せないケースなどがあると予想される。一応、当「大事典」上部には検索窓が付いているが、訳し方によってヒットしないこともありうる。この索引はそれに対応するためのものである。

 「有名」の基準は管理者の主観に負うところが大きいが、主として複数の文献で目にしたことがある解釈を取り上げている。なお、通説的な訳と当サイトの訳が異なる場合があるが、検索しやすいようにあえて通俗的な訳で掲載しているものも少なくない。管理者個人はこれらの解釈を支持するものでは全くない。

 事例は大まかなテーマで分類している。


  • アジアからの救世主
    • 百詩篇第5巻53番「・・・偉大なメシアの法は太陽によって保持されるだろう」
    • 百詩篇第10巻75番「どれほど待とうとヨーロッパには決して戻らず、アジアに現れる・・・」

  • アジアの独裁者・反キリスト
    • 百詩篇第2巻29番「東洋の男がその座から出発するだろう、アペニン山脈を通ってガリアを見るために・・・」
    • 百詩篇第5巻54番「黒海と大タルタリアから、一人の王がガリアを見に来るだろう・・・」
    • 百詩篇第8巻77番「反キリストがすぐに三者を滅ぼす・・・」
    • 百詩篇第10巻10番「・・・全人類にとっての大敵、その者は祖父たち、おじたち、父たちよりも邪悪だろう・・・」

  • Chyren
    • 百詩篇第2巻79番「縮れた黒いひげはエンジンによって従えるだろう・・・偉大なChyren は遠くから奪うだろう・・・」
    • 百詩篇第6巻70番「偉大なChyren が世界の王になるだろう・・・」



  • 隕石・核爆発等
    • 百詩篇第1巻64番「夜、人は太陽を見たと思うだろう、半人半豚が目撃されるときに・・・」
    • 百詩篇第2巻3番「海上の太陽のせいでネグロポントの魚は半焼けになるだろう・・・」
    • 百詩篇第2巻41番「大きな星が七日間燃え、太陽が二つ現れるだろう・・・」
    • 百詩篇第2巻91番「昇る太陽、大きな火を見るだろう・・・」

  • その他
    • 百詩篇第1巻48番「・・・そのとき我が予言は終わるだろう」
    • 百詩篇第3巻94番「500年以上経ってから人々は気づくだろう・・・」
    • 百詩篇第10巻42番「天使の子孫による人類の支配・・・」
    • 百詩篇第10巻72番「1999年7月に天から恐怖の大王が来るだろう・・・」
    • 百詩篇第10巻74番「・・・千年紀の大いなる年代から遠からずして、死者が墓から出てくるだろう」
    • 2012年について
    • 2038年について:「・・・世界は終わりを迎えるだろう」
    • 3797年について:「・・・3797年までの永続的な予言である」

{{書きかけ}}


名前:
コメント: