ピエール・ブランダムール

  ピエール・ブランダムール (Pierre Brind'Amour, 1941年-1995年)は、カナダ人の西洋古典学者で、オタワ大学教授として在職中、逝去した。

 西洋古典学の分野で、
  • 「イソクラテスの最後の言葉」(Les dernieres paroles d'Isocrate, 1967年)
  • 「ウェルギリウスと馬の調教」(Virgile et le Dressage des Chevaux, 1972年)
  • 「スエトニウスの作品中におけるドミティアヌスの死の物語によって喚起された占星術的・天文学的諸問題」(Problèmes astrologiques et astronomiques soulevés par le récit de la morte de Domitien chez Suétone, 1981年)
などの論文を発表した(いずれも未邦訳)。

 1983年にはオタワ大学の古代研究叢書(Collection d'études anciennes)の一冊として『ローマ暦・年代学的研究』(Le calendrier romain: recherches chronologiques)を刊行した。

ノストラダムス研究

 1990年頃から、その該博な西洋古典学や西洋史の知識を活用し、歴史学的・文学的な立場でノストラダムスの再評価を行いはじめ、その分野で主導的役割を果たした。

 1993年には『愛星家ノストラダムス』(Nostradamus Astrophile(未作成))を、1996年にはノストラダムス予言集の優れた校定版である『初期の百詩篇すなわち(1555年マセ・ボノム版) 予言集』をそれぞれ刊行した。


名前:
コメント: