cultement

  cultement は LAF では culture(文化、耕作)に対応する語とされているが、ノストラダムスはむしろ culte(崇拝、祭礼)の意味で用いたらしい。エドガー・レオニピエール・ブランダムールジャン=ポール・クレベールピーター・ラメジャラーなどはいずれもその立場をとっている *1 。実際のところ、文脈からはそう理解する以外にない。

登場箇所



名前:
コメント: