Gardoing

 語形に関する説明を誰もしていないのだが、テオフィル・ド・ガランシエール(1672年)、アナトール・ル・ペルチエ(1867年)といった歴代の著名な信奉者から、マリニー・ローズブリューノ・プテ=ジラールロジェ・プレヴォといった現代の実証的研究者に至るまで、これを「ガルドン川」(Gardon)とする読み方に全く異論がない。

 綴りの変化は、韻を踏むための語形変化に過ぎないのかもしれない。

登場箇所



名前:
コメント: