Germain

Germain には全く異なる2つの意味がある。

(1) 「ゲルマニアの」「ゲルマニア人(の)」の意味。
(2) 12世紀から17世紀頃のフランス語では「(血がつながっている)兄弟、姉妹」「同じ父母から生まれた」の意味 *1 。現代フランス語でも、法律用語などに残っている。

 なお、ジェイムズ・ランディ(未作成)は12世紀から16世紀には(2)の意味でしか使われておらず、「ゲルマン人」を意味する用法は第二次世界大戦後に英語から流入したと主張したが *2 、誤っている。
 それは、エミール・リトレのフランス語辞典(1872年-1877年)に(1)の意味が載っていることからも明らかである *3 。また、「ゲルマニア人」を語源に持つフランスの地名は2箇所あるが(Germaine, Germaines)、それらは12世紀までさかのぼることができる *4
 さらに、16世紀仏文学を専門とする高田勇伊藤進は、(1)の意味でも(2)の意味でも読めると述べている *5

 DAFなどには確かに(1)の意味は載っていないが、古語辞典の類は現代と異なる意味の単語を中心に収録するものなので、載っていないことが直ちに存在しなかったことを意味するわけではない。実際、古語辞典の類には「ガリア人」「フランス人」などに対応する言葉も載っていない。

 また、百詩篇第2巻39番では Germains, Gaulois, Hespagnols という形でガリア人(フランス人)、スペイン人などと並べて書かれており、ゲルマニア人と理解するのが自然だろう。当然、ピエール・ブランダムールらはそう読んでいる。

 ランディの指摘は、ともすれば(2)の意味を見落としがちな英語圏や日本の読者にとって意味があったものと思われる。しかし、(1)の意味を全否定したのは勇み足だったといえるだろう。

登場箇所




名前:
コメント: