予兆詩第25番

予兆詩第25番(旧23番) 1557年12月について

原文

Tutelle à Veste 1 , guerre meurt, translatée,
Combat naval, honneur, mort, prelature.
Entrée, decès. France fort augmentée,
Esleu passé, venu à la male heure 2 . *1

異文

(1) Veste : veste 1557Ke
(2) male heure 1557Ke : mal'heure T.A.Eds.(sauf mal-heure 1668P)

(注記)1557Ke は『1557年向けの暦』に見られる異文。

日本語訳

ウェスタの加護、戦争は絶やされ移される。
海戦、名誉、死、高位聖職者たち。
入ること。死亡。フランスは大いに増強される。
選ばれた者は通り過ぎ、悪い時期に来る。

訳について

 1行目 Tutelle à Veste は、エドガー・レオニが Guardianship for Vesta *2 と英訳しているように、ウェスタに向けたものと見るのが素直な読み方だが、ピエール・ブランダムールがラテン語の tutela Vestae と見ていることを参考にして上のように訳した。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1558年1月に当てはめ、フランスとスペインの間で戦争が止んだ代わりに、イギリスとの間でカレーなどの領有をめぐって争いになったことが予言されているとした *3

同時代的な視点

 ピエール・ブランダムールは詩全体についてはコメントしていないが、ウェスタの加護の話が出てきているのは、古代ローマの暦と関わりがあるのだろうとしている。当時は地域によって12月がウェスタに捧げられていたからである *4


名前:
コメント: