百詩篇第9巻16番

原文

De castel Franco 1 sortira l'assemblee,
L'ambassadeur 2 non plaisant 3 fera scisme 4 :
Ceux de Ribiere 5 seront en la meslee,
Et au grand 6 goulphre 7 desnier ont 8 l'entree.

異文

(1) castel Franco : Castel Franco 1627 1660 1672 1716, Castel-Franco 1644 1650Ri
(2) L'ambassadeur : L'Ambassadeur 1611B 1627 1644 1665 1672 1840, L'Embassadeur 1716
(3) plaisant : plaissant 1650Le 1668
(4) scisme : shcisme 1650Ri, schisme 1644 1653 1665 1840, Schisme 1672
(5) Ribiere : Bibiere 1627 1644 1650Ri, Riviere 1672
(6) grand : gand 1611B
(7) goulphre : gouffre 1568I 1611B 1660, goulfre 1597 1600 1610 1611A 1650Ri 1716, gouphre 1627, Goulphre 1672
(8) desnier ont 1568B 1568C 1597 1605 1611 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 : desnieront 1568A 1568I 1590Ro 1653 1665 1672 1772Ri 1840, desnie ont 1600 1610 1716, denié ont 1627, desnié ont 1644 1650Ri

校訂

 castel Franco は、後の時代の異文にあるように Castel(-)Franco とするか、Castelfranco とすべきだろう。
 goulphre は現代フランス語の golfe(湾)と見ることが定説化している。1568年版の中には gouffre(淵、裂け目)としている版もあるが、中期フランス語では gouffre に「湾」の意味もあったので *1 、実質的には同じことだろう。
 desnier ont は1568年版の中でも2種類あるが、単なる誤植である。desnieront と読まないと文法的に意味が通らない。

日本語訳

カステルフランコから団結した人々が出発し、
気に食わない大使は分裂を引き起こすだろう。
海岸の人々は騒擾の中にあり、
大きな湾に入ることを拒絶するだろう。

訳について

 1930年代以降、信奉者たちはこの詩の1行目を「フランコがカスティーリャ(または城)から」云々と訳すことが多かった。そういう意味では、山根訳も大乗訳も、信奉者側のひとつの訳としては、許容範囲とは言える。実際、マリニー・ローズなどもそういう訳を支持している *2
 ただし、前半律(1行10音綴の四行詩の最初の4音節)は De Castel Franco で切れるので、エドガー・レオニピーター・ラメジャラーらのように、そこまでをひとまとまりと見る方がより適切と考えられる。

 なお、上の4行目の訳もレオニやラメジャラーに従ったものだが、ジャン=ポール・クレベールのように au grand と goulphre を分けて、「大物が湾に入るのを拒絶するだろう」とする訳も、(若干 goulphre の位置が不自然に思えるが)存在してはいる。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは1行目のカステルフランコをピエモンテの地名、リヴィエールをブルゴーニュの堅牢な城としていたが、具体的な事件とは結びつけていなかった *3
 アナトール・ル・ペルチエも解釈していなかったが、用語集の中で、カステルフランコをロンバルディア=ヴェネツィア王国の都市と注記していた *4

 このように1930年代まではほとんど注目されてこなかった詩だが、スペインでフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)が頭角を現すようになると、信奉者たちはフランコの出現を見事に言い当てたものだと解釈するようになった。

 たとえば、1943年にアンドレ・ラモンは近未来の予言として、フランコが枢軸国側で参戦し、ビスケー湾の人々が枢軸国側の利用を拒否することを予言していると解釈していた *5

 戦後になると実際の史実を踏まえて整合化が図られるようになったが、その解釈を採る論者は、3行目の解釈によって大きく2つに分けることができる。
 1つはスチュワート・ロッブや、それを踏まえた五島勉フェニックス・ノアのように、Ribiere をリヴィエラと解釈し、戦時中にナチス、イタリア、スペインがリヴィエラで会談したものの、期待するような支持を取り付けられなかったイタリアの大使が不満に思ったことを予言したとする解釈である *6

 もう1つは、Ribiere をファランヘ党の創設者プリモ・デ・リベラ *7 (Primo de Rivera)と見なし、ファランへ党を大きく発展させ独裁を築いたフランコだけでなく、創設者のプリモ・デ・リベラまでが予言されていたとする解釈である。これは、ジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌセルジュ・ユタンなどが採っている *8

同時代的な視点

 エドガー・レオニジャン=ポール・クレベールピーター・ラメジャラーらは、いずれもカステルフランコを地名、特にカステルフランコ・ヴェーネトと解釈している。その限りでは、そこから出発する集団のいざこざなどを描写しているように見えるが、史実の中からモデルを摘出することに成功した者はいないようである。

 ラメジャラーはカステルフランコ・ヴェーネトがかかわる何らかの騒乱としつつ、これも『ミラビリス・リベル』の情景がモチーフになっている可能性があることを指摘していた。


名前:
コメント: