Anglique

  Anglique はノストラダムスの造語と思われる語。
 Angles (アングル人) の派生語として、イングランドあるいはイギリスと結び付けられることが多かった。この読み方はD.D.(1715年)が最初だったようだが、チャールズ・ウォードジェイムズ・レイヴァーらの信奉者に引き継がれた。現代の実証的な論者でも、ピーター・ラメジャラーがこの読み方を支持している *1

 エドガー・レオニジャン=ポール・クレベールは Anglican (イングランド国教会の) と捉えている *2 。Anglican と捉えるのはミシェル・デュフレーヌも同じだが、彼の場合、それを「イギリス国籍を持つ」の意味に理解している *3

 マリニー・ローズはフランス語で古くは天使 (ange) を Angle とも綴ったことから、その形容詞として「天使の」という意味としている *4

登場箇所



コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • ペルチエが「天使」と解釈していて萎えた。 -- とある信奉者 (2010-09-05 01:12:04)
名前:
コメント: