百詩篇第2巻9番

原文

Neuf ans le regne 1 le maigre 2 en paix tiendra,
Puis il cherra en soif si sanguinaire:
Pour luy grand peuple 3 sans 4 foy & loy 5 mourra 6
Tué par vn 7 beaucoup 8 plus de bonnaire 9 .

異文

(1) regne : Regne 1672
(2) maigre : malaigre 1588-89
(3) grand peuple : peuple 1600 1610
(4) sans : sang 1660
(5) foy & loy : foy loy 1557B, Foy & Loy 1672
(6) mourra : morra 1557B
(7) par vn : vn 1600 1627 1644 1653 1665
(8) beaucoup : beaucop 1557B
(9) de bonnaire 1555 1605 1610 1716 1840 : debonnaire T.A.Eds.

日本語訳

九年間、やせた男が王国を平和に保つだろう。
それから、彼はひどく血に渇いた状態に陥り、
彼のせいで多くの人々が、信仰も法もなしに死ぬだろう。
はるかに温厚な人物によって殺される。

訳について

 山根訳は問題ない。3行目「偉大な国民」(grand peuple)については、当「大事典」では2行目の血に飢えている描写からすれば、人数の規模が大きいことを指していると見るべきと判断し「多くの人々」と訳したが、もちろん「偉大な人々」の意味にも訳せる。
 大乗訳4行目「彼はより野蛮な人に殺されるだろう」 *1 は誤訳。彼(=やせた男)が殺されると読める可能性はピエール・ブランダムールも認めているので、それ自体を誤りということはできないが、debonnaire を「野蛮な」と訳すのは無理がある。

 ブランダムールは3行目の「信仰も法もなしに」は、「彼」(=やせた男)にかかる可能性があることを指摘している。

信奉者側の見解

 ヘンリー・C・ロバーツは「やせた男」をルイ16世とし、流血の事態はフランス革命の描写と解釈した *2

 ロルフ・ボズウェルアンドレ・ラモンは「やせた男」をヒトラーとしている。ナチスは1930年の選挙で躍進し、その9年後に第二次世界大戦を引き起こし、多くの犠牲を出したことが予言されているとしたのである *3
 セルジュ・ユタンも疑問符つきながらヒトラーの可能性を示している *4

同時代的な視点

 情景は読んだままである。
 「やせた男」が9年間平和に統治した後で、多くの人々を死なせるような政策(戦争あるいは恐怖政治か)を実行することになる、ということだろう。4行目については、構文どおりに読めば、多くの人々が直接的には「はるかに温厚な人物」に殺されるということだが、ブランダムールはむしろ「やせた男」が政敵である「はるかに温厚な人物」に殺されることを描写しているのではないかとしている。

 ジャン=ポール・クレベールピエール・ブランダムールは具体的な関連付けを行っていないが、エヴリット・ブライラーピーター・ラメジャラーロジェ・プレヴォはいずれもカルヴァンと関連付けている。
 プレヴォは1537年にジュネーヴに初めて来てから9年間は処罰などがなかったが、1546年のピエール・アモー事件の処罰以来、反対者に強硬姿勢をとるようになったと指摘している *5
 カルヴァンが初めてジュネーヴに赴いたのは1536年のことらしいので *6 、若干のずれはあるのかもしれないが、おおむね当てはまっているといえるかもしれない。
 なお、プレヴォは4行目の tué を tuer(殺す)ではなく、ラテン語の tueri から来た言葉で「守られる」などの意味だとし、カルヴァンに比べれば温厚といえたテオドール・ド・ベーズの存在が仄めかされているのではないかとしている。


名前:
コメント: