百詩篇第8巻77番

原文

L'antechrist 1 trois bien tost 2 annichilez 3 ,
Vingt & sept ans sang durera 4 sa guerre,
Les heretiques 5 mortz 6 , captifs 7 , exilez,
Sang 8 corps humain eau rogie 9 gresler 10 terre 11 .

異文

(1) L'antechrist : Lantechrist 1568A 1590Ro, L'Antechrist 1644 1653 1660 1665 1672 1716 1840
(2) bien tost : bien-tost 1644 1649Xa 1665 1668P 1840, bientost 1716
(3) annichilez : annichiles 1665
(4) sang durera : durera 1672
(5) heretiques : Heretiques 1672
(6) mortz : mors 1627
(7) captifs : captif 1568A 1590Ro
(8) Sang : Sont 1627
(9) rogie : rougie 1590Ro 1605 1611B 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le 1653 1660 1665 1668 1672 1772Ri 1840, rouge 1627 1644 1650Ri
(10) gresler : gresle 1627 1644 1650Ri
(11) terre : Terre 1672

日本語訳

反キリスト(により)、すぐに三者が絶滅させられる。
二十七年、彼の血塗られた戦争が続くだろう。
異端者は死に、捕われ、追い出される。
血、人体、水が赤くなり、地に雹が降る。

訳について

 1行目は trois(三)を troisième(第三の)と理解して「第三の反キリストがすぐに滅ぼされるだろう」と読まれる場合もある。少々強引ではあるが、詩の前半律は trois までなので、ありえないわけではない。

 山根訳は2行目以外問題ない。その2行目「彼の戦いは二十七年つづくだろう」は、sang(血)が訳されていない。
 これは確かに分かりづらいが、テオフィル・ド・ガランシエールのように削り落とすのは強引だろう。ここでは en sang や sanglante と捉えて戦争の形容詞としたピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールの読み方に従った。なお、中期フランス語の durer には「耐え忍ぶ」の意味もあるので、「血は彼の戦争を耐え忍ぶだろう」とも訳すことは可能である。

 大乗訳も2行目については同じ問題を指摘できる。また、その4行目「血 人の体 水は赤く 地はゆれる」 *1 は、最後の部分が明らかに誤訳。

信奉者側の見解

 アナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードは何もコメントしていない。

 アンリ・トルネ=シャヴィニー(1861年)は1919年から1944年頃に第三の反キリストが最後の災厄を引き起こすことの予言とした。ここで期間が25年となっているのは、「アンリ2世への手紙」にある以下のくだりと関連付けているためである *2

119節
「その後、反キリストが地獄の君主となるでしょう。最後にもう一度キリスト教徒の諸王国も不信心者たちの王国もみな25年間にわたって震撼するのです。より酷い戦争や戦闘があり、都市も町も城もその他の建物も、焼かれて荒らされて壊されるでしょう。その際に純潔な乙女の多くの血が流され、人妻や未亡人は犯され、乳呑み児たちは町の壁にぶつけられて砕かれるのです。地獄の君主サタンの力を借りて余りにも多くの悪事が行われるので、ほぼ全世界が衰退し荒廃するでしょう。」

 解釈内容はともかく時期設定の点では、1918年から1945年までの予言と解釈したヘンリー・C・ロバーツも近い。彼の場合は事後的にドイツ(「反キリスト」)の第一次大戦における敗戦から第二次大戦の終わりまでに当てはめたものである *3
 そういう視点で見たときに、トルネ=シャヴィニーの解釈は事前に大的中させたようにも見えるが、彼は1944年から1990年まで神による黄金時代が到来すると解釈していた。

 ヴライク・イオネスクは、ここでの反キリストを毛沢東とし、旧日本軍、民主同盟(中国の中道派政治団体)、国民政府軍の3つと戦って指導的地位についた後、建国後も大粛清を行ったことを指すとした。「27年」については、中華人民共和国建国(1949年)から毛沢東の死(1976年)と解釈した *4

 未来に現れる反キリストの予言とする解釈もあり、アンドレ・ラモンジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌ藤島啓章らが提唱していた *5 。ラモンは時期を明記しない曖昧なものであったが、フォンブリュヌや藤島は1999年から2026年のことと解釈していた。

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは、当時のカトリックから反キリストと見なされていたカルヴァンと関連付けている *6 。彼は、カルヴァンがジュネーヴで活動していた1537年から1564年までがちょうど27年間であったとしている。
 ただし、実際にはジュネーヴ入りは1536年のことで、ピーター・ラメジャラーはそのように解釈を修正している *7 。いずれにしても、ほぼ一致する期間なのは事実であろう。

 その間、カルヴァンは厳格な神権政治を行い、多数の「粛清」を行ったことが知られている。投獄したり(フランソワ・ファーブル、アミ・ペラン)、破門や追放をしたり(フィリベール・ベルトリエ、ジェローム・ボルセック)、処刑したり(ジャック・グリュエ、ミシェル・セルヴェ)といったその行為は、まさに3行目に対応する。

 プレヴォやラメジャラーは4行目については特に解説していない。

 仮に1558年版『予言集』が実在したのなら、この解釈は取れない。1558年版実在説に立つラメジャラーは、こうした微妙な解釈の場合、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが事後に改竄したものが、現存最古の1568年版として残っているという可能性を示しているが、この詩については特にそういったコメントはしていない。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 偽キリストが毛沢東なのは間違いない。(地図から)消滅した三つとはチベット、ウィグル、内モンゴルを指す。さらに同時代のヴェトナム戦争についても予言されている。 -- とある信奉者 (2010-03-07 23:09:38)
名前:
コメント: