カミーユ・フラマリオン

  カミーユ・フラマリオン (1842年2月26日 - 1925年6月3日)は、フランスの天文学者。フランス天文学会の創設者・初代会長で、レジオンドヌール勲章の受勲者。

 多くの専門書のほか、一般向けの啓発書やSF小説などを著した。

ノストラダムス関連

 SF小説『世界の終末』(La Fin du Monde(未作成))では、終末論を俯瞰する中でノストラダムスに言及している。そこで紹介した詩はノストラダムスと関係のないものであったが、他の文献に引き写される中で、2038年終末説に結びついた(2038年を参照)。
 この文献は、『此世は如何にして終わるか』として1923年に日本語訳が出された。最初にノストラダムスに言及した日本語文献と見なされている。


名前:
コメント: