予兆詩第27番

予兆詩第27番 1558年2月について

原文

Latins esmeus, Gallots dans Rome entrez.
Mars par trois pars fureur ouvrira veine.
Gennes a faim, Ligurs 1 mal accoustrez.
Trembler l'Insubre, Nice 2 , & la demi laine. *1

異文

(1) Ligurs : Ligueurs/ligueurs HR
(2) Nice : Nive HR

(注記)HR はエクトール・リゴーのメモを指す。ここではダニエル・ルソベルナール・シュヴィニャールの紹介を基にした。

日本語訳

ラティウム人は動揺させられ、ガリア人たちはローマに入らされる。
マルスは三方向から熱狂的に血管を開く。
ジェノヴァは飢え、リグーリアはひどい目に遭う。
インスブリア、ニースおよび半分の羊毛は震える。

訳について

 2行目は fureur を形容詞的に訳した。

コメント

 この詩はオリジナルが残っておらず、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが転記していた手稿とエクトール・リゴーによるメモしかない。

 リゴーのメモを元に最初にこれの存在を公刊したのはダニエル・ルソだったが、特に注目されることもなく、信奉者たちが解釈を重ねることもなかった。

 シャヴィニー自身はアンリ4世のイタリア遠征に関連付けていたが、公刊されることのない手稿での解釈だったため、全く引き継がれることがなかった。

 4行目の「半分の羊毛」(demi laine, ドミレーヌ)は、ベルナール・シュヴィニャールも認めるように、ミラノ(Milan, ミラン)の言葉遊びだろう。同じような言葉遊びは予兆詩第34番にも登場するが、どちらも伝統的な『予兆詩集』には含まれていなかったため、有名なものとはいえない。


名前:
コメント: