百詩篇第9巻18番

原文

Le lys 1 Dauffois portera dans Nansy 2
Iusques en Flandres 3 electeur 4 de l'empire 5 ,
Neufue obturee au grand Montmorency,
Hors lieux prouez 6 deliure 7 à clere peyne 8 .

異文

(1) lys : Lys 1672 1716
(2) Nansy : Nancy 1611B 1644 1660 1672
(3) Flandres : Flandre 1653 1665 1840, Flanders 1672
(4) electeur : Electeur 1605 1628 1644 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668 1672 1840
(5) l'empire 1568 1627 : lempire 1590Ro, l'Empire 1597 1600 1605 1610 1611 1628 1644 1649Xa 1649Ca 1650Ri 1650Le 1653 1660 1665 1668 1672 1716
(6) lieux prouez 1568 1590Ro 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1653 1772Ri 1840 : lieux prouuez 1597 1600 1610 1611 1644 1650Ri 1650Le 1660 1668 1716, lieux preuuez 1627, lieux 1665, lieux pronez 1672
(7) deliure : de liure 1590Ro
(8) clere peyne : Clerepeine 1840

校訂

 ナンシーの綴りは Nancy が正しいが、この程度は綴りの揺れの範囲だろう。

日本語訳

王太子の百合がナンシーで持つだろう、
フランドルに至るまで、帝国の選帝侯を。
偉大なモンモランシーには新しい監獄。
許可された場所の外で、明瞭な罰で解放する。

訳について

 山根訳はおおむね許容範囲内。ただ、4行目「クレーペインに引き渡された異例の場所で」は、Clere peine を固有名詞的に読むのなら「クレルペーヌ」とすべきだろう。
 大乗訳は問題が多い。特にひどい点として、2行目「帝国の皇帝たるフランドルにかぎり」 *1 で、選帝侯(Electeur)と皇帝(Empéreur)を取り違えている点だけ指摘しておく。

信奉者側の見解

 日本ではほとんど知られていないに等しいが、海外では1630年代のフランスの状況を詳しく言い当てた鮮やかな的中例として非常に有名なものである。
 前半2行は三十年戦争へのフランスの参戦を描いたものとされる。
 「王太子の百合」とは、ノストラダムスの死後では初めて王太子の称号に「ドーファン」(Dauphin)を名乗ったルイ13世を指し、「百合」は当然ブルボン家の紋章と解釈される。彼は懸案となっていたロレーヌ公領の帰属問題を解決するため、1633年に自ら赴き主都ナンシーを攻略した。
 また、1632年にはトリーア選帝侯国を保護下におき、選帝侯フォン・ゼテルンの権威を再確立したが、その選帝侯自身は翌年にはスペイン軍の侵攻によってフランドル地方のブリュッセルに移送され、幽閉された。この保護領下での動向を建前として、1635年にフランスはスペインに宣戦布告した *2
 後半2行はモンモランシー処刑に関する予言である。
 反リシュリュー側の王弟ガストンと一脈通じていた地方総督アンリ・ド・モンモランシーは、1632年6月にラングドックで叛乱を起こしたが、あえなく鎮圧された。彼はトゥールーズに新しく作られた市庁舎の牢獄(「新しい監獄」)に拘禁されたうえ、通常処刑には用いられていなかった市庁舎の庭(「許可された場所の外」)で、斬首刑(「有名な罰」)に処せられた。1656年の解釈書によれば、その時の首斬り役人の名は、クレルペーヌ(Clerepeyne)であり、4行目の「明瞭な罰」(Clere peyne)との言葉遊びになるという。


 日本ではチータムとレイヴァーの訳書の中で見られるものの、日本人の解釈者で扱った者は見当たらない。なお、チータムとレイヴァーの訳書は、どちらにも複数の誤訳があり、この解釈に関する歴史的背景が適切につかめない。

懐疑的な視点

 この詩については、エドガー・レオニが徹底的に反論している *4 。それを下敷きにして疑問点を列挙すると以下の通り。
 まず1行目は、ノストラダムスの死後では確かに初めてだったが、彼がまさにこの詩を執筆していたと推察されるころ(1550年代後半)、王太子フランソワもドーファンを名乗っていた。
 また、仮にこれが未来のドーファンを意味しているのだとしても、それが意味するところは「王太子」であって、1610年に正式に王になっていたルイ13世にはあてはまらない。
 2行目について。トリーア選帝侯国問題は確かに宣戦布告の理由となったが、ブリュッセル近郊のテルヴュランに幽閉された後、教皇の執り成しでウィーンに移された選帝侯自身にはさしたる関心が寄せられず、フランスが彼の釈放を求めるのは1640年代に入ってからのことであったという。
 後半について。首切り役人がクレルペーヌという名だったかどうかには疑問がある。レオニはトゥールーズの古文書館員に問い合わせたというが、ある種の徹底的な調査によっても、首斬り人の名前の記された資料は見つからなかったとの回答を得たという。処刑は非公開であったというし、1656年の解釈書では解釈にあわせて原文の改竄なども行われている。こういう人物の著書でしか確認できない事柄には、慎重に対応する必要があるだろう。

同時代的な視点

 1558年版『予言集』実在説に立つピーター・ラメジャラーは、この詩の執筆が1557年から1558年の頃と推測した。
 当時の政治情勢はというと、1557年のサン=カンタンの戦いで大敗を喫した大元帥アンヌ・ド・モンモランシーはスペイン側の捕虜となっており、フランドル地方のカトー・カンブレジでの会議がまとまり講和条約が調印されるまで、解放されることがなかった。
 ラメジャラーは、ノストラダムスがこの詩を書いたのはモンモランシーの解放前で、大元帥に何らかの危害が加えられる可能性を想定していたのではないかとする *5

 ジャン=ポール・クレベールは特定のモデルを提示していないが、ノストラダムスと同時代の大元帥アンヌ・ド・モンモランシーに致命傷を負わせた兵士の名がクレルペーヌであったと指摘している。ただし、クレベールは、それが1567年のことだったため、ノストラダムスが知りえなかった偶然の一致だろうとした *6

 細部はともかく、レオニの指摘とも組み合わせるならば、ノストラダムスの時代の何らかの出来事、あるいはそこからの派生の可能性は十分に考えられる。


名前:
コメント: