予兆詩第29番

予兆詩第29番(旧26番) 1558年4月について

原文

Par la discorde defaillir au defaut.
Un tout à coup le remettra au sus.
Vers l'Aquilon seront les bruits si haut,
Lesions, pointes à travers & dessus 1 . *1

異文

(1) à travers & dessus 1589Rec : à travers, par dessus T.A.Eds.

(注記)校訂に関する注意事項は予兆詩第26番の異文欄を参照のこと。

日本語訳

不和により、喪失へと傾く。
突然、一人の男がそれを立て直すだろう。
アクィロの方で、騒音が非常に高まるだろう。
負傷、通過点と上方の地点。

訳について

 2行目 remettre au sus は、「立て直す、復興する、回復する」(relever, rétablir)としているベルナール・シュヴィニャールの読み方に従った。エドガー・レオニは put him back on top *2 と英訳している。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは1567年にフランドル入りしたアルバ公についての予言とした。フランドルでは1553年以降、様々な戦いが繰り広げられており、この詩の後半はそれを描写したものだという *3


名前:
コメント: